スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援ブログについて 

2006年シーズンより このブログを立ち上げ、
大分トリニータ&梅田高志選手を応援してまいりました。

2010年、梅田選手の現役引退につき一つの区切りができました。

これからも大分トリニータを応援することはもちろん変わりませんが、
更新回数は、今までよりは少なくなるかもしれません。


今まで(最近は、ほとんど試合結果ばっかりだったけど…) 見てくださって

本当に ありがとうございました。




でも これからも 時々更新します! 気長に待ってて下さい 笑)


LOVE TRINITA

スポンサーサイト

地元新聞にて 

地元新聞(大分合同新聞)にて 梅ちゃんの記事が掲載されていました。
シーズン終了時よりも なんだかちょっと若返ったようなかんじですね ( ^^;)ゝ (失礼!) 


【トリニータ】元選手梅田さん指導者へ

指導者の道 第一歩  元トリニータ梅田さん大分FC入り

 大分トリニータで通算12年プレーし、昨季限りで引退した梅田高志さん(34)が大分フットボールクラブに入った。今月から下部組織の練習に参加し、指導者の道へ第一歩を踏み出した。

「経験、還元したい」

 梅田さんはJFLの西濃運輸を経て1998年、大分に加入。岐阜に期限付き移籍した2008年を除き、主に中盤の選手として活躍。J1で通算121試合(5得点)、J2は142試合(11得点)に出場した。
 最も印象に残る試合は、大分が初めてJ1で戦った2003年の最終戦。「負けたら降格」という状況で1得点し、1-1で引き分けた。「絶対に落とせないというプレッシャーがすごかった。3万人以上の観客のためにも必死だった」
 在籍中、大分はJFLからJ2、J1へと駆け上がり、選手も多く入れ替わった。「負けたくないと、常に高いモチベーションでやってきた。運もあるが、ひた向きにやってきたから長く続けられたと思う」と振り返る。
 「まだやれる」という思いもあったが、「余力を残して次の道に進もう」と決意。4月から本格的に指導に携わる予定で、現在は下部組織を回り、親子ほど年の離れた子どもたちとボールを追い掛けている。「与えられた役割を果たし、選手時代に培った経験をクラブに還元したい」と新たな夢を描いている。



未来のトリニータ戦士の育成を よろしくお願いします!

現役引退のお知らせ 

突然の発表となりましたが、大分HPより 梅田選手現役引退のお知らせがありました。



梅田 高志選手 現役引退のお知らせ

この度、大分トリニータでプレーした梅田 高志選手が現役を引退することが決定致しましたので、下記の通り梅田選手コメントをお知らせ致します。今後は大分トリニータのフロントに入り、アカデミースタッフに就任致します。

【梅田 高志選手 コメント】
「大分トリニータの選手として12年間、たくさんの応援ありがとうございました。昨シーズン限りで引退することにしました。トリニータの選手として、JFL、J2、J1とチームとともに成長できたことが本当に誇りですし、なによりトリニータで現役を引退できてとても嬉しく思っています。今まで苦しいときに走ってこれたのも、ファン、サポーター、スポンサー、ボランティアスタッフ、クラブスタッフ、チームメイトの皆さんが自分を支えてくれていたからだと思います。
これからは今まで得た経験を少しずつですが、大分トリニータのアカデミースタッフとして還元できるよう頑張って行きます。本当に長い間ありがとうございました。そして、これからも大分トリニータをよろしくお願いします。」

梅田 高志(ウメダ タカシ)選手 プロフィール 

【生年月日】    1976年5月30日 
【出身地】       岐阜県
【ポジション】    MF 
【身長・体重】   174cm / 68kg
【経歴】       西濃運輸 → 大分トリニータ → FC岐阜 → 大分トリニータ
【出場記録】    J1/121試合出場5得点
           J2/142試合出場11得点
           JFL /66試合出場12得点
           カップ戦/26試合出場1得点
           天皇杯/27試合出場3得点






続きを読む

2010 J2リーグ 第38節 vs 横浜戦 

リーグディビジョン2  第38節 vs 横浜FC
12月4日(土) 12:30試合開始  ホーム:大分銀行ドーム  11,918人  主審:吉田
      大分トリニータ 2-2 横浜FC


【得点者】
大 分 : 土岐田洸平 (前27分)  CKアシスト・キム ボギョン              
横 浜 : 三浦知良  (後 5分)  アシスト・高地
横 浜 : 高地系治  (後11分)  
大 分 : 東慶悟    (後44分)  アシスト・河原              


【大分出場メンバー】
FW キム ボギョン(梅田・後45分+1)  河原  東
MF 土岐田  宮沢(チェ ジョンハン・後16分)  井上  益山
DF 池田  藤田  菊池
GK 清水


【警告】
イエロー  東(1)   

 
SUB
GK 下川 DF チャン ギョンジン DF 松原 MF 為田 MF 梅田 FW 森島 FW チェ ジョンハン

●皇甫官監督(大分):
「皆さん、1年間お疲れさまでした。退任することになったが、大分トリニータという素晴らしいクラブで16年間関われ、サッカー文化をつくれて良かった。最後まで応援してくれてありがとうございました。目標の1年でのJ1復帰を果たせなかったのは、私の力不足。選手はピッチの上で何かしようという姿勢をみせてくれた。 今日の感想は…、頭が真っ白になっている。今年を象徴するような試合だったと思う。内容は良かったが結果がついてこなかった。指導者が運という言葉を出すのは悪いが、最後の最後での運がなかった」

2010 J2リーグ 第37節 vs 鳥栖戦 

リーグディビジョン2  第37節 vs サガン鳥栖
11月28日(日) 16:30試合開始  アウェイ:ベストアメニティスタジアム  9,792人  主審:岡部
       サガン鳥栖 0-0 大分トリニータ 


【得点者】


【大分出場メンバー】
FW 為田(東・後12分)  河原  土岐田(キム ボギョン・後45分+3)     
MF 刀根  宮沢  井上  益山
DF 池田  藤田  菊池(チェ ジョンハン・前12分)
GK 清水


【警告】
イエロー  刀根(4)  チェ ジョンハン(3)  

SUB
GK 下川 DF チャン ギョンジン DF 松原 MF 東 MF キム ボギョン FW チェ ジョンハン

●皇甫 官監督(大分):
「九州のチーム相手に今季勝てなかったのは残念。今日は試合の入り方が良くなく、相手が立ち上がりから前からすごいパワーできた。ただ、サッカーというのは相手のペースで試合が進むことは多々ある。そのような中で選手はよく耐えた。パワープレーに対しセカンドボールを拾われ続けていたので後半は修正できた。他には両サイドで2対1の場面をつくられるのはシステムの関係で仕方ないことだが、もっと寄せるように指示した。攻撃に関しては、東が出てからタメができ、前の3人に連動性ができ、相手の裏を狙う動きができた。バトルオブ九州らしく熱い、好ゲームができた」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。