スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 リーグ 第23節 vs 千葉戦  

リーグディビジョン1  第23節 vs ジェフユナイテッド千葉
8月29日(水) 19:00試合開始  アウェイ:フクダ電子アリーナ  10,447人  主審:東城
       ジェフユナイテッド千葉 6-0 大分トリニータ 


【得点者】
千葉:佐藤勇人  (前37分)  アシスト・水野 
千葉:山岸智    (後20分)  アシスト・水野
千葉:水野晃樹  (後38分)  アシスト・新居
千葉:工藤浩平  (後42分)  
千葉:水野晃樹  (後44分)  
千葉:青木孝太  (後44分)  アシスト・水野



【大分出場メンバー】
FW 松橋(章)(山崎・後15分)  高松  
MF 根本  梅崎(金崎・後29分)  高橋  エジミウソン  ホベルト(西山・後37分)
DF 上本  藤田  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  梅崎(1)  上本(4)  西山(2)

 
SUB
GK 河原 DF 三木 DF 福元 MF 梅田 MF 西山 MF 金崎 FW 山崎


●シャムスカ監督(大分):
「今日の試合では、前半と後半ではまったく違う顔を見せてしまった。まず、前半は本当にしっかりとマークもできたし、内容自体は本当に素晴らしいものだったと思う。ハーフタイムに入ってから、我々は心を決めて、後半に(試合を)ひっくり返す準備をしてロッカールームを出た。しかし、後半に入って、ディフェンス面でかなりのミスが続いて、そのミスが千葉にとってはいいチャンスになってしまった。このミスの積み重ねによって、千葉はそのミスをうまく利用してゴールに結びつけた。それが今日のような差のあるスコアになったと思う。今日のような大差で負けたことは私にとっては初めてだが、こういう結果はやはり気分がよくないというのが正直なところだ。怒りの感情や悲しみの感情というものをなんとしても次の甲府戦で奮起するための新しいエネルギーに変えて、次の試合に臨まないといけない。甲府は順位が近いチームなので、このエネルギーを次の試合にどうしても勝つためのエネルギーに変えて臨みたいと思う」

スポンサーサイト

2007 リーグ 第22節 vs ヴィッセル神戸 

リーグディビジョン1  第22節 vs ヴィッセル神戸
8月25日(土) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  17,910人  主審:吉田
        大分トリニータ 2-0 ヴィッセル神戸


【得点者】
大分 : 高橋大輔   (前21分)  CKアシスト・梅崎
大分 : 高橋大輔   (後 7分)  アシスト・高松  


【大分出場メンバー】
FW 松橋(章)(ホベルト・後17分)  高松  
MF 鈴木(福元・後42分)  梅崎(山崎・後25分)  高橋  エジミウソン  藤田
DF 上本  森重  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  エジミウソン(1)  森重×2
レ ッ ド   森重(1)

 
SUB
GK 河原 DF 福元 MF ホベルト MF 西山 MF 根本 MF 金崎 FW 山崎


●シャムスカ監督(大分):
「相手には素晴らしい攻撃陣が揃っているので、それをどう抑えるかということを考えていた。一試合通してマークをしたことが勝ちに繋がった。実際ゲームの主導権もウチが握れていた。内容からも勝ちに値するゲームだった。神戸のカウンターがすばらしいのでどう対応するか考えていた。高橋は、守備もよくできていた。サイドをどう支配するかが大事だった。左の鈴木もよくやってくれた。」

2007 リーグ 第21節 vs サンフレッチェ広島 

リーグディビジョン1  第21節 vs サンフレッチェ広島
8月18日(土) 18:00試合開始  アウェイ:広島ビッグアーチ  10,402人 主審:岡田
       サンフレッチェ広島 2-0 大分トリニータ 


【得点者】
広島:服部公太  (前29分)  アシスト・佐藤 
広島:ウェズレイ  (後26分)  アシスト・佐藤


【大分出場メンバー】
FW 梅崎(金崎・後23分)  高松  
MF 根本(前田・後0分)  鈴木  高橋  エジミウソン  藤田
DF 上本(松橋(章)・後35分)  森重  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  上本(3)  藤田(2)

 
SUB
GK 河原 DF 三木 MF ホベルト MF 西山 MF 金崎 FW 松橋(章) FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「今日の試合は、前回と同じレベルとはいえない。技術的にも低いし、点を取るチャンスも少なかった。一方の広島は、チャンスを効果的にゴールに結びつけた。そして有利な状況を最後まで続け、試合を支配した。広島が結果として勝った、ということだ。 気持ちを切り替えて、次の試合に向かいたい。再開直後のようないい試合で、順位をあげていきたい」

Q:前節までとの違いは?
「ボールポゼッションも、パスの質も違う。チャンスをつくるためのスペースメイクもコンビネーションもよくない。ボールを持っていない時の動きも少なかった」

8月17日 午前練習  

8月17日(金) 午前練習 (午前9時~)

リーグ後半戦が始まりました。
トリニータは、自動降格圏内を脱出する為にも
毎日暑い中、トレーニングに励んでいます。

今日も暑い日差しが照りつける中、午前練習がスタートしました。
2人組になって、パス等の基礎練習の後…
水曜日に試合があったばかりなので、今日は(試合前日には珍しく)
スタメン・サブ組に分かれて紅白戦を行っていました。


070817-3.jpg   070817-1.jpg


前節は先制点をとりながらも 3-4 と逆転負けをしてしまい
残念な結果でした。
『 サッカーは、試合終了まで 何が起こるかわからない… 』 
よく耳にする言葉ですが、まさにその通りですね。
しっかり気合いを入れて最後まで戦って欲しいです!!


           070817-7.jpg

移動日の為、スタメン組は早々に引き上げましたが
バックアップメンバーは、コーチ指導の下 戦術練習を続けていました。
ゴール前での守備&攻撃練習にかなりの時間をかけていました。
少ない人数の中でも気合いの入った練習でした。


                         



午前練習では日差しが強く、選手たちもかなりの汗の量です。
水分補給&冷却を 意識的(頻繁)にしているようでした。
暑さ対策は必要ですね! 見学者の私達も同じですね! (笑) 

          070817-2.jpg


全体練習終了後も 梅田選手は、一人黙々とランニングをしていました。
自分のペースを崩さず、前だけしっかりみつめて…

070817-6.jpg   070817-8.jpg

『自分の為に頑張る』 『チームの勝利の為に頑張る』 『気持ちで落ちることはない』
プロとしてのプライドを持ち、しっかりとトレーニングに打ち込む姿は
熱いものを感じました。


          070817-5.jpg

現状を変えていく為にも 前を向き、 『勝利!』 めざして
私達もしっかりサポートしていきましょう!!

頑張れ! 大分トリニータ   頑張れ! 梅田高志選手
~ 共に 『勝利!』 をめざして ~

応援も頑張ります! 



-今後の試合日程-
J1 第21節 8月18日(土) 18:00 vs サンフレッチェ広島 ビックアーチ
J1 第22節 8月25日(土) 19:00 vs ヴィッセル神戸 九石ドーム

~ 信じて応援するのみ! 皆でスタジアムを青く染めよう! ~


2007 リーグ 第20節 vs 清水エスパルス  

リーグディビジョン1  第20節 vs 清水エスパルス
8月15日(水) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  20,391人  主審:家本
      大分トリニータ 3-4 清水エスパルス


【得点者】
大分 : 高松大樹       (前11分)  アシスト・藤田
大分 : 藤田義明       (前34分)  
清水 : フェルナンジーニョ (前35分)  
清水 : 市川大祐       (前44分)  アシスト・フェルナンジーニョ
清水 : 矢島卓郎       (後 8分)  アシスト・児玉 
清水 : フェルナンジーニョ (後23分)  
大分 : 金崎夢生       (後41分)  


【大分出場メンバー】
FW 梅崎(金崎・後34分)  高松  
MF 根本(松橋(章)・後40分)  鈴木  高橋  エジミウソン  藤田(前田・後25分)
DF 上本  森重  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  高松(1)  藤田(1)

 
SUB
GK 河原 DF 福元 MF ホベルト MF 西山 MF 金崎 FW 松橋(章) FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「連勝したいと思っていたので連勝できなくて残念だ。清水はいい選手が揃っているのでダイナミックなゲームになると思っていた。今日はダイナミックなゲームになったし、攻撃的に見てもいいゲームになった。ただ、喉から手が出るほど結果が欲しかった。我々が見せたサッカーには、みんな満足したのではないでしょうか。ハーフタイムには、後半どうやって勝てるか話しをして、清水で一番警戒しなければならないのは、クロスからの攻撃だと伝えた。なんとか凌ごうとしたけれど、結果に結び付かなかった。試合が終わって選手たちに話をしたが、あの気持ちを続ければいいゲームが出来る。最後まで戦ってくれた選手たちに感謝したい。」

2007 リーグ 第19節 vs FC東京戦  

リーグディビジョン1  第19節 vs FC東京
8月11日(土) 19:00試合開始  アウェイ:味の素スタジアム  20,689人 主審:山西
       FC東京 1-2 大分トリニータ 


【得点者】
東京:福西崇史  (前3分)  アシスト・ルーカス 
大分:高松大樹  (後3分)  アシスト・梅崎
大分:高橋大輔  (後12分) アシスト・上本


【大分出場メンバー】
FW 松橋(章)(山崎・後18分)  高松  
MF 鈴木  梅崎(西山・後37分)  高橋  エジミウソン  藤田
DF 上本  森重(福元・後36分)  深谷  
GK 下川

【警告】
イエロー  上本(2) 河原(1) 下川(2) 

SUB
GK 河原 DF 福元 MF 西山 MF 金崎 MF 根本 FW 山崎 FW 前田

●シャムスカ監督(大分):
「後半戦のスタートとして今日は本当に厳しいゲームになりました。選手たちも厳しい気持ちで臨んでいたし、これから先の1試合、1試合が重要になることを良く分かっていたと思います。今日は今まで見せられなかった、本来の大分トリニータを、やっと見せることが出来たし、最後まであきらめずに戦うゲームが見せられました。失点後落ち込むことなく最後まで戦うことが出来たから勝てたのだと思います。
 前半はセットプレーからチャンスをつくっていたが、後半はボールを動かしてチャンスをつくれた。相手の攻撃の鈴木規、ルーカス、石川、また交代で入ってきた川口はみな1秒たりとも気を抜けない選手だが、みんな最後まで眼をはなさないでくれたのが良かったと思います」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。