スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 リーグ 第33節 vs 磐田戦  

リーグディビジョン1  第33節 vs ジュビロ磐田
11月24日(土) 14:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  23,381人  主審:吉田
        大分トリニータ 1-0 ジュビロ磐田


【得点者】
大 分  : 鈴木慎吾  (前15分)  FK 


【大分出場メンバー】
FW 山崎(アウグスト・後27分)  高松  
MF 鈴木  梅崎(西山・後40分)  藤田  エジミウソン  ホベルト
DF 上本(福元・後18分)  森重  深谷  
GK 下川


【警告】

 
SUB
GK 下川 DF 福元 MF 西山 MF アウグスト MF 金崎 FW 松橋(章) FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「こんにちは。今日のゲームはふたつ。1つ目はこれで勝つことにより残留を我々の力で勝ち取ったこと。2つ目、ホームゲーム最後でサポーターと勝利を共に分かち合いたかった。どうしても勝たなければならない試合だった。ゲームは守備の面で相手をマークする必要があった。守備面で相手を捕まえるのは容易ではない。2枚目からの飛び出しを捕まえるのは大変な仕事だった。DF面でもボールをしっかり回せれば主導権を握れて勝利に繋がる。なんとしてでも大宮戦で見せた気持ち、愛情に答えなければならない。その気持ちが集中力に変えた。 1年間振り返って前半と後半は異なった一年。後半のプレーは素晴らしいものだった。後半のようなパフォーマンスが前半もできていたら年間の目標に近くなっただろう。選手が変わったのはひとつの要素。色んな要素が重なって後半のようなプレーができた。エジミウソン、ホベルト、梅崎、前田、鈴木が入ってきたのも要素だが、前半より後半の方が選手の怪我が少なかったから。乗り越えられた。後半は素晴らしいゲームができた」

スポンサーサイト

2007 リーグ 第32節 vs 名古屋戦  

リーグディビジョン1  第32節 vs 名古屋グランパスエイト
11月18日(日) 17:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  27,811人  主審:村上
        大分トリニータ 1-3 名古屋グランパスエイト


【得点者】
名古屋 : ヨンセン   (前15分) 
大 分  : 高松大樹  (後11分)  
名古屋 : ヨンセン   (後22分)  アシスト・吉村 
名古屋 : ヨンセン   (後37分)  アシスト・藤田


【大分出場メンバー】
FW 山崎(小手川・後41分)  高松  
MF 根本(西山・後30分)  鈴木  梅田(前田・後0分)  エジミウソン  藤田
DF 上本  森重  深谷  
GK 下川


【警告】

 
SUB
GK 河原 DF 三木 DF 福元 MF 西山 MF 小手川 FW 松橋(章) FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「サッカーの結果はすごくシンプルで、ゲームの中で何をしたかである。名古屋はここ5試合でいちばん良い試合をした。それが結果に表れた」

2007年 残り試合 

J1リーグ第22節の神戸戦より ホームゲーム4連勝のトリニータ!!
天皇杯、大宮戦(第31節)と連勝し残留に向けチームもいい雰囲気ができていると思います。
しかし年間順位は、現在14位。 まだ残留決定ではありません!


13位 名古屋  38 (11勝5分15負 得失点-6)
14位 大 分 35 (10勝5分16負 得失点-19)
15位 大  宮  30 (7勝9分15負 得失点-17)
-------------------------------------------------------------
16位 広  島  30 (8勝6分17負 得失点-24) (J2入換戦圏)
17位 甲  府  26 (7勝5分19負 得失点-30) (J2自動降格圏)
18位 横浜FC  12 (3勝3分25負 得失点-46) (J2降格決定)


残りホーム2試合(名古屋・磐田戦)で勝利し、残留を決めてほしいですね。
そのためにも 多くの方のスタジアム応援をお願いします!
次節名古屋戦には… たくさんの イベントも企画 されているようです。

~ 最後まで信じて応援するのみ! 皆でスタジアムを青く染めよう! ~


             071117.jpg


-今後の試合日程-
J1 第32節 11月18日(日) 17:00 vs 名古屋グランパスエイト  九石ドーム
J1 第33節 11月24日(土) 14:00 vs ジュビロ磐田 九石ドーム

J1 第34節 12月 1日(土) 14:30 vs アルビレックス新潟 東北電力ビッグスワンスタジアム

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦
   12月8日(土) 13:00 vs ガンバ大阪 フクアリ

2007 リーグ 第31節 vs 大宮戦  

リーグディビジョン1  第31節 vs 大宮アルディージャ
11月11日(日) 16:00試合開始  アウェイ:NACK5スタジアム大宮  14,752人  主審:西村
       大宮アルディージャ 1-2 大分トリニータ 


【得点者】
大宮:小林慶行   (前 3分)  
大分:深谷友基   (前26分)  
大分:前田俊介   (前43分)  アシスト・藤田



【大分出場メンバー】
FW 山崎(前田・後34分)  高松  
MF 鈴木(福元・後44分)  梅崎(西山・後42分)  藤田  エジミウソン  ホベルト
DF 上本  森重  深谷  
GK 西川


【警告】
イエロー  ホベルト(4) 森重(1) 上本(1)


 
SUB
GK 下川 DF 福元 MF 梅田 MF 西山 MF 根本 FW 前田 FW 松橋(章) 


●シャムスカ監督(大分):
「今日のゲームは、大変激しいゲームになると思っていました。最後の最後まであきらめず勝ちにいきました。(残留争いをしている)順位の近いチーム同士の直接対決。負けは許されない、本当に難しいゲームになりました。 戦術的にも今日はうちの方がかなり主導権を握れてました。大宮さんがシステムを変更して4-5-1でやってきたので、うちの3バックの上本大海を一つ前にして、鈴木慎吾と小林大悟のところのマークを受け渡すことで、上本が小林大悟につき、鈴木を内側に入れて、中盤の選手の数を一枚増やすことにしました。 中盤のエリアでボールが拾えなくなったという状況になって、守備もしっかりできる西山哲平を入れて、なおかつ彼のシュートにも期待しました。 ゲームの終盤、追加点を奪うことができて、そのまま守るためにDFラインを一枚(福元)増やし、逃げ切りの作戦をとりました。 今日のゲームは、ただの試合ということではなく、戦いのつもりでここにやってきました。この戦いは今日が終わりということではなく、最終節まで続くと選手には伝えました。」

第87回天皇杯4回戦 VS 千葉戦 

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦 vs ジェフユナイテッド千葉
11月4日(日) 13:00試合開始  アウェイ:フクダ電子アリーナ 6,914人  主審:佐藤
       ジェフユナイテッド千葉 1-3 大分トリニータ 


【得点者】
大分:森重真人   (前 3分)  FKアシスト・鈴木
大分:高松大樹   (前10分)  アシスト・藤田
千葉:レイナウド   (前26分)  PK 
大分:梅崎 司    (前40分)  アシスト・藤田



【大分出場メンバー】
FW 山崎(松橋(章)・後41分)  高松  
MF 鈴木  梅崎(梅田・後11分)  藤田  エジミウソン  ホベルト(福元・後17分)
DF 上本  森重  深谷  
GK 西川


【警告】
イエロー  藤田(後9分) ホベルト(後11分) エジミウソン(後36分)


 
SUB
GK 下川 DF 福元 MF 梅田 MF 宮沢 MF 根本 FW 前田 FW 松橋(章) 


●シャムスカ監督(大分):
「(日本語で)こんにちは。今年のこの天皇杯に対しての我々の意気込みについて言うと、新しい2つのチャンスをつかめる大会ということで、去年よりもいい成績を収めたいという気持ちで臨んだ。今年のリーグ戦は思っていたよりもいい結果が出なくて、代わりといっては何だが、この天皇杯ではリーグ戦では出せなかった気持ちを出せてよかった。 今日の勝利を得る前に、もう一つモチベーションが高かったのは、千葉に対してまだ一度も勝ったことがないということ。そのチームに対して、この勝利というのは非常に大きなものだと思っている。それから、今日の勝利がチーム全体の戦術的なもの、技術的なものなど、すべてのものをまた一段と団結させる意味で、いい勝利だったと思う。今年の大一番となる、来週の(リーグ第31節の)大宮戦に向けて、本当にいい準備ができたと思う」

Q:負傷欠場の高橋大輔選手の穴埋めがチームにとっての一番の課題と思うが、今日、代わりに出場した藤田選手と梅田選手の評価は?
「藤田は高橋の代わりを本当によくやってくれたと思う。また、ゲーム中に千葉の山岸選手が右サイドに行って、千葉の青木選手が左サイドに入った、その状況に対応するのに藤田を左サイドに変えて山岸選手に対応させて、青木選手には梅田を当てた。梅田は守備の面でも貢献したし、攻撃の面でも十分よくやってくれたと思っている」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。