スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J1リーグ 第27節 vs 横浜F・M戦 

リーグディビジョン1  第27節 vs 横浜F・マリノス
9月27日(土) 14:00試合開始  アウェイ:日産スタジアム  18,062人  主審:村上
       横浜F・マリノス 1-0 大分トリニータ 


【得点者】
横 浜 : 狩野 健太  (後14分)   FK


【大分出場メンバー】
FW 森島(高松・後26分)  ウェズレイ
MF 鈴木  金崎  高橋(小林(亮)・後43分)  エジミウソン(家長・後26分)  ホベルト
DF 上本  森重   深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  森重(1)  上本(4)  ウェズレイ(4)    
退席処分 シャムスカ監督(後41分)

 
SUB
GK 清水 MF 小林(亮) MF 西山  MF 家長  MF 清武 MF 藤田 FW 高松 


●マルセロヘッドコーチ(大分):
「今日のゲームは互角の戦いだった。スペースも少なかったし、両チームが守り合いという感じだったと思う。前半、ウチのビルドアップに対して、相手が前線からプレスをかけてきた。ウチのビルドアップをかなり警戒してきたと思う。そのために前半、坂田と大島にチャンスを作られた。それに対して、前半の大分はチャンスが少なかった。後半に入って、相手も少しやり方を代えて、どんどん攻撃的になってきた。そこで得点を奪われてしまい、我々は前に出て、そしてカウンターも狙わなければならない状況になった。失点シーンだが、F・マリノスは最近の2試合でセットプレーで得点を決めている。だから、セットプレーは最もマークしていたのだが、狩野に難しい位置から素晴らしいゴールを決められてしまった。 相手は先取点を取ってから一度引いて我々を引き出して、そこからカウンターを仕掛ける方法に出た。我々は失点を食らってから引き分けにする力を、今日に限っては示すことが出来なかった。我々がこれから出来ることは、次の試合、強豪の川崎F戦に対して、しっかりと準備をすることだ」

スポンサーサイト

2008 J2リーグ 第38節 vs 福岡戦 

リーグディビジョン2  第38節 vs アビスパ福岡 
9月27日(土)13:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 2,418人 主審:山内
         FC岐阜 1-1 アビスパ福岡


【得点者】
岐 阜 : 相川進也       (前26分)   
福 岡 : ハーフナー・マイク (前43分)   アシスト・長野


【岐阜出場メンバー】
FW 相川(大友・後36分)  小島(宏)     
MF 高木(片桐・後36分)   北村  梅田  薮田(嶋田・後8分)
DF 奈須  菊池  深津  吉村  
GK 日野


【警告】
イエロー  梅田(2)  薮田(3)  吉村(4)   

 
SUB
GK 水谷 DF 森 MF 嶋田 MF 大友 FW 片桐


●松永英機監督(岐阜):
「27節以降、福岡は指導者が代わり、調子が上がってきた印象があります。我々としては連敗を阻止する為にどうするか、勝点3は取れませんでしたが、勝点1を取れたことは、次の水戸戦に繋がると思います。 内容としては、狙いとする守備の組織は機能していました。失点は前半残り1分のリスタート。我々の注意力が足りませんでした。もったいない失点でした。ただ、先制点が取れたことはうちの気持ちが伝わった前半だったと思います。後半、むこうは前に出てくるので前からプレスをかけました。それは出来たのですが、ボールを奪ってから最後までいけなかったのが課題です。ホームで勝点3を取って、ずっと悔しい思いをしているファンやサポーターにプレゼントしたいと思って臨んだ試合でしたが、勝点1しか取れませんでした。次の水戸戦で勝点3を取りたいと思います」


●梅田高志選手(岐阜):
「今日の試合はディフェンス面ではある程度機能しましたが、奪ってからゴールに向かうということが足りなかったですね。相手の嫌なところを突いて、もっと判断して、自分達が動いて攻撃できるようにしないといけません。ボールを奪ってからのプレーに物足りなさを感じます。今日もフィニッシュまでいけていないシーンが多かったと思います。全体のビルドアップというより、いい位置で奪えば自然とビルドアップは出来ると思います。問題は、下がってから奪ったときにいかに攻めきれるかです。そこが大事だと思います」

2008 J2リーグ 第37節 vs 甲府戦 

リーグディビジョン2  第37節 vs ヴァンフォーレ甲府
9月23日(火) 18:30試合開始  アウェイ:山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場 10,821人 主審:野田
        ヴァンフォーレ甲府 4-0 FC岐阜


【得点者】
甲 府 : 大西容平   (前09分)   アシスト・マラニョン
甲 府 : マラニョン   (後10分)   アシスト・サーレス
甲 府 : 大西容平   (後13分)   
甲 府 : サーレス    (後26分)   アシスト・マラニョン


【岐阜出場メンバー】
FW 片桐  小島(宏)(片山・後35分)   
MF 高木(梅田・後16分)  佐藤  北村  嶋田
DF 奈須  菊池  深津  川島(吉村・後16分)  
GK 日野


【警告】
イエロー  川島(4)  嶋田(1)   
 

 
SUB
GK 水谷 DF 吉村 MF 岩田 MF 梅田 FW 片山


●松永英機監督(岐阜):
「サッカーというのは必要とされるものがスピード、精度であったりする。考えるプレーのスピード、展開のスピードに併せて正確性のあるサッカーに対する我々のサッカーが出来なかった。奪ったボールを簡単に失ってしまうことや、判断の遅さが甲府との差。前半が0-1で、後半の立ち上がり注意をしていたが、カウンター気味にクロスから2点目を許した。選手は頑張ってくれたが、判断、プレーの精度の差が出た。こういうことをしっかりと捉えて、トレーニングの中で向上させていく準備をしたい」

2008 J1リーグ 第26節 vs 札幌戦 

リーグディビジョン1  第26節 vs コンサドーレ札幌
9月23日(火) 13:00試合開始  ホーム:鹿児島県立鴨池陸上競技場  9,376人  主審:奥谷
          大分トリニータ 3-2 コンサドーレ札幌


【得点者】
大 分 : エジミウソン  (後12分)   
札 幌 : アンデルソン (後22分)   アシスト・西谷
大 分 : ウェズレイ   (後42分)   FK
札 幌 : 西大伍     (後44分)   
大 分 : エジミウソン  (後44分)   


【大分出場メンバー】
FW 森島(高松・後23分)  ウェズレイ  
MF 鈴木  金崎(西山・後44分)  高橋  ホベルト(清武・後38分)  エジミウソン
DF 藤田  上本  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  下川(2)     


 
SUB
GK 清水 DF 小林(宏) MF 小林(亮) MF 西山 MF 清武 FW 高松 FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「今日は自分がプレーしたかのように疲れました。このような試合に耐える心臓を持っていれば、いつも帰国したときにうける心臓の検査をしなくてすみます(笑)。 試合ですが、最初から最後まで札幌に高いラインを保たれ、プレッシャーをかけられ苦戦しました。結果的に我々が勝ちましたが、内容はどちらが勝ってもおかしくない試合でした。我々が勝てたのは、最後の1分、1プレーまで勝利を信じてプレーしたことです」

2008 J2リーグ 第36節 vs 仙台戦 

リーグディビジョン2  第36節 vs ベガルタ仙台
9月20日(土) 14:00試合開始  アウェイ:ユアテックスタジアム仙台 11,174人 主審:片山
        ベガルタ仙台 1-0 FC岐阜


【得点者】
仙 台 : 梁勇基 (前4分)   


【岐阜出場メンバー】
FW 片桐  小島(宏)(片山・後44分)   
MF 高木(梅田・後32分)  菅(佐藤・後35分)  北村  嶋田
DF 奈須  菊池  深津  川島  
GK 日野


【警告】
 

 
SUB
GK 水谷 DF 吉村 MF 梅田 MF 佐藤 FW 片山


●松永英機監督(岐阜):
「岐阜としては前節、そして前々節、広島、C大阪に対して大敗を喫していた中で今日のゲームを迎えた。まず自分たちがチームとしていかに回復するかが大きなテーマだった。結果は前半の立ち上がり、リスタートからの1失点が最後の結果になったが、自分たちのスタイル、戦う部分、守備における組織であったりが、ゲームプランとして表現されていたゲームだったと思う。 最後に点を取るチャンスで取れないことは、攻撃の課題であるが、常に前節、その前を経過していく中で、このゲームについての評価としては、選手たちはよくやったかな、というものだ。大事なことは、こういったゲームを続けていくことであって、岐阜らしさを今後も出していければなと思っている」

2008 J1リーグ 第25節 vs 東京V戦 

リーグディビジョン1  第25節 vs 東京ヴェルディ
9月20日(土) 13:00試合開始  アウェイ:味の素スタジアム  8,671人  主審:高山
       東京ヴェルディ 0-2 大分トリニータ 


【得点者】
大 分 : ウェズレイ  (前44分)   FK
大 分 : 上本大海   (後13分)   アシスト・金崎


【大分出場メンバー】
FW 森島(清武・後35分)  ウェズレイ(前田・後41分)
MF 鈴木  金崎  高橋  エジミウソン  ホベルト(藤田・後09分)
DF 上本  森重   深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  森重(4)    
 
SUB
GK 清水 MF 小林(亮) MF 西山  MF 清武 MF 藤田 FW 高松 FW 前田 


●シャムスカ監督(大分):
「今月の重要な試合の1つに勝つことができた。今までやってきたことが、繋がって結果になっていると思う。今後の目標達成のために、特に今月はおごらず、勝ち続けていきたい。 今日の試合は、前半の残り時間の少ないところで、この試合を占うような状況があった。大分DFのミスからGKと1対1の場面になって、失点してもおかしくないようなところだったがその守備陣のミスをGKの下川がカバーして、そこからカウンターになってゴールが生まれた。あそこが、今日のゲームの重要なポイントだった。大分はそこで、しっかりと効果的にスコアに結びつけられたことが大きかった。 後半は10人対11人になって、人数でもスコアでも有利になった。しかし、局面ごとには相手にマークするスペースを与えて気が抜けたような時間帯もあった。そこは反省点。ただ、結果を出せたことは選手を称えるべきだと思う。」

2008 J2リーグ 第35節 vs C大阪戦 

リーグディビジョン2  第35節 vs セレッソ大阪 
9月15日(月)15:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 4,639人 主審:牧野
         FC岐阜 0-6 セレッソ大阪



【得点者】
大 阪 : カイオ    (前12分)   アシスト・乾
大 阪 : カイオ    (前15分)   アシスト・柳沢
大 阪 : 香川真司  (後11分)   アシスト・乾
大 阪 : 古橋達弥  (後18分)   
大 阪 : カイオ    (後44分)   
大 阪 : 小松塁    (後44分)   アシスト・前田


【岐阜出場メンバー】
FW 片桐  片山(小島(宏)・後13分)     
MF 高木  岩田  北村  梅田(嶋田・後0分)
DF 菅  小峯  深津  吉村  
GK 日野


【警告】
イエロー  岩田(2)   

 
SUB
GK 水谷 DF 川島 MF 奈須 MF 嶋田 MF 小島(宏)


●松永英機監督(岐阜):
「結果的に、2戦連続で大量失点。立ち上がりはそんなに悪いサッカーはしていませんでした。ただ、セレッソ大阪との決定的な違いはゴールです。決めるところを決める、決めるところを決められない、その差だと思います。後半、次の3点目がポイントでしたが、それ以降は歯止めが効かない状態になってしまいました。これは広島戦と同様です。チームの弱い部分が出てしまいました。この状況はみんなで脱していくしかありません。もう一度原点に戻って仙台と甲府の試合に臨みたいです」

2008 J1リーグ 第24節 vs 浦和戦 

リーグディビジョン1  第24節 vs 浦和レッズ
9月13日(土) 14:00試合開始  アウェイ:埼玉スタジアム2002  45,831人  主審:吉田
       浦和レッズ 0-0 大分トリニータ 


【得点者】


【大分出場メンバー】
FW 森島(高松・後41分)  ウェズレイ
MF 鈴木  金崎(清武・後33分)  高橋  エジミウソン  ホベルト
DF 上本  森重   深谷  
GK 西川(下川・後36分)


【警告】
イエロー  森重(3)  上本(3)  ホベルト(3)    
 
SUB
GK 下川 MF 小林(亮) MF 西山  MF 清武 MF 藤田 FW 高松 FW 前田 


●シャムスカ監督(大分):
「激しい試合だった。内容は互角だったと思う。ただ、後半はチャンスの数では上回っていた。それも相手のホームで、たくさんの浦和サポーターに囲まれながら。よく戦ってくれた選手に感謝したい。この勝点1は意味のあるものだと思う」

2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝 

2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝 

      大分トリニータ vs 清水エスパルス


  2008.11.1 (SAT) 13:35 Kick off @国立競技場

祝!トリニータ ナビスコ杯決勝進出 
頂点めざして たくさんの声援を送りましょう!!
11月1日は いざ国立へ!


~大分HPより~

◆2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝 チケット販売方法

◆関西汽船 11月1日(土) ヤマザキナビスコカップ決勝戦(国立競技場)応援ツアーのお知らせ

2008 J2リーグ 第34節 vs 広島戦 

リーグディビジョン2  第34節 vs サンフレッチェ広島
9月7日(日) 18:00試合開始  アウェイ:広島ビッグアーチ 8,843人 主審:飯田
        サンフレッチェ広島 7-1 FC岐阜


【得点者】
広 島 : オウンゴール (前31分)   
広 島 : 森崎浩司    (前44分)   アシスト・高萩
広 島 : 高萩洋次郎   (後01分)   アシスト・柏木
広 島 : オウンゴール (後11分)   
広 島 : 李漢宰      (後14分)   アシスト・高萩
岐 阜 : 片山真人    (後19分)   アシスト・小島(宏)
広 島 : 高萩洋次郎  (後20分)   アシスト・服部
広 島 : 青山敏弘    (後44分)   



【岐阜出場メンバー】
FW 小島(宏)(高木・後27分)  片山   
MF 薮田  奈須  梅田  嶋田(大友・後29分)
DF 菅  菊池  川島  小峯(吉村・後16分)  
GK 水谷


【警告】
イエロー  梅田(1)   
 

 
SUB
GK 河野 DF 吉村 MF 岩田 MF 高木 MF 大友


●松永英機監督(岐阜):
「7-1という大敗を喫してしまった。ゲームの入り方は、悪くなかった。ただ、不運にもオウンゴールでスタートし、前半終了間際に2点目を入れられてしまった。確か、第2クールでも同じようなゴールを決められてしまっていたわけで、ミーティングでも注意していたのだが。この時間帯に失点してしまったことを、後半に引きずってしまった。後半の立ち上がりも気をつけてはいたが、わかっていながら3点目を失点し、そこから歯止めが利かなくなってしまった。 広島との力の差はもちろんあったと思うし、今後は彼らのようなプレーをしていかないと上位に食い込んでいけない。非常に勉強になった。 こういう経験をすることによって、非常に厳しいことではあるが、そこで力をつけていくことが大切。次のC大阪戦、気持ちやチームとしての方向性を確認しながら戦いたい」

●梅田高志選手(岐阜):
「自分たちのふがいなさを思い知らされました。 試合はもう終わったことですし、いつまで引きずっても仕方がない。今日はしっかりと反省し、明日からは気持ちを切り替えてやっていこうと思います。 前半の失点は相手に崩されたというより、自分たちのミスから始まっている。そして最後はパスを回されて崩されたんだけど、その前でどうにかできたのではないか、と思う。パススピードなり、ボールへの判断なり、そういう部分がしっかりとできていれば、ああいう失点もなかったのではないか。結果論になるけれど。 前半は、相手に走らされた感がある。もう少しボールに絡んで、コントロールできればよかったんだけど、なかなかそういう機会もなかった。 今日の結果は、結果として受け止めようと思う。ただ、ここまで来てくれたサポーターには、申し訳ない気持ちがいっぱいです」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。