スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 J1リーグ 第19節 vs G大阪戦 

リーグディビジョン1  第19節 vs ガンバ大阪
7月25日(土) 19:00試合開始  アウェイ:万博記念競技場  15,262人  主審:山西
       ガンバ大阪 1-0 大分トリニータ 


【得点者】
大 阪 : 佐々木勇人   (後16分)  アシスト・遠藤  


【大分出場メンバー】
FW ウェズレイ   
MF 坪内(フェルナンジーニョ・後17分)  金崎  家長  高橋  宮沢(清武・後27分)  エジミウソン
DF 藤田(小手川・後40分)  森重  深谷
GK 西川


【警告】
イエロー  家長(2)  森重(1)  

 
SUB
GK 下川 MF 東 MF 小手川 MF 清武 MF 梅田 FW フェルナンジーニョ FW 前田


●ポポヴィッチ監督(大分):
「難しいゲームでした。こうなることはある程度予測してました。ガンバはとてもいいチームですし、そしてここ何年か同じやり方、選手で戦っている。またガンバの選手は一人が移籍したとしても、移籍した選手以上にいい選手が入ってくるチームだ。私は選手に感謝しなければいけないプレーも今日はたくさん見ることができた。ダイレクトプレーを心掛け速いパス回しもあったし、その中からサイドチェンジのパスを使って、その中から何回かガンバにとってとても危険な場面を作り出すことも出来た。 チャンスを作った数はガンバよりも私たちの方が多かったと思います。 ですが、ガンバはチャンスをものにして、我々はチャンスをものにできませんでした。最後の最後のところで止められてしまった。もちろん、最後のところは少し運も必要ですが、必ずゴールはやってくる。そのために私たちは練習しなければいけないし、アイデアを出して自分たちのスタイルのサッカーをして、結果を出していきたいと思います。そういう練習を100%ですることで、結果が出ると信じています。そして試合が終わった後には毎試合、満足感を得られることを期待しています」

スポンサーサイト

2009 J1リーグ 第18節 vs 浦和戦 

リーグディビジョン1  第18節 vs 浦和レッズ
7月18日(土) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  24,833人  主審:鍋島
        大分トリニータ 1-0 浦和レッズ


【得点者】
大 分 : 深谷友基  (後37分)  CKアシスト・フェルナンジーニョ


【大分出場メンバー】
FW 高松(フェルナンジーニョ・後35分)   
MF 鈴木(藤田・後31分)  家長(清武・後14分)  金崎  高橋  エジミウソン  宮沢
DF 上本  森重  深谷 
GK 西川


【警告】
イエロー  上本(4)  


SUB
GK 下川 DF 坪内 MF 清武 MF 藤田 MF 梅田 FW ウェズレイ FW フェルナンジーニョ 


●松山博明監督代行(大分):
「今日は多くのサポーターにありがとうと言いたい。大分で初めて指揮し、浦和に勝つことができ、嬉しく思う。この勝利は今まで大分を支えてくれたシャムスカのおかげであり、新しい監督のポポヴィッチにいい形でバトンタッチができた」

新監督就任決定 

ポポヴィッチ氏 大分トリニータ監督就任決定のお知らせ

~大分HPより~

この度、大分トリニータの監督として、前ズラティボール・ボーダ監督のポポヴィッチ氏と本日(7月16日)契約を締結致しましたので、下記の通りお知らせ致します。

ポポヴィッチ(Popovic)監督
◆登録名    ポポヴィッチ (Popovic)
◆本名      ランコ・ポポヴィッチ(Ranko Popovic)
◆契約期間   2009年7月20日~2010年1月1日 +1年間オプション
◆生年月日   1967年6月26日生まれ(42歳) 
◆国籍      オーストリア と セルビア
◆選手歴    1978~1988年  ブドゥチュロスト・ペチ(ユーゴスラビア2部リーグ)
          1988~1992年  パルチザン・ベオグラード(ユーゴスラビア1部リーグ)
          1992~1994年  スパルタク・スボティツァ(ユーゴスラビア1部リーグ)
          1994~1995年  エトニコス・ピレウス(ギリシャ1部リーグ)
          1995~1997年  アルメリアFC(スペイン2部リーグ)
          1997~2001年  SKシュトルム・グラーツ(オーストリア1部リーグ)
◆指導歴    2002~2004年  アルヌ・フェリス(オーストリア4部リーグ) 選手兼監督
          2004~2006年  パクヘリフ(オーストリア4部リーグ) 監督
          2006年6月~2007年10月 サンフレッチェ広島(J1) コーチ
          2007~2009年  ズラティボール・ボーダ(セルビア3部リーグ、2部リーグ) 監督

※尚、ポポヴィッチ監督は、7月21日のトレーニングから指導実施予定です。試合での指揮につきましても、諸手続き等が終了する7月25日(土)のガンバ大阪戦からとなります。それまでに行われる7月18日(土)浦和レッズ戦(九州石油ドーム)につきましては、昨日(7月15日)のトレーニングから指導参加しているS級ライセンス保持者である強化部・強化担当の松山博明氏が指揮を執ります。






新監督就任も決定しました! 新たな気持ちで 絶対にJ1残留するぞ!!

シャムスカ監督解任 

シャムスカ監督 解任のお知らせ

~大分HPより~

この度、大分トリニータは、本日7月14日(火)付けを持って、シャムスカ監督を成績不振により解任致しましたので、下記の通りお知らせ致します。

◆シャムスカ(Chamusca) 氏 プロフィール
・生年月日     1965年9月29日  (43歳)
・出身地      ブラジル バイーヤ州 サルバドール出身
・今季成績     J1リーグ:1勝1分15敗(18位)
           ナビスコカップ:1勝5分(予選リーグ4位 敗退)

◆指導歴
1992~1995年 ビトーリア(ブラジル)
1996年       サンタクルス(ブラジル)
1997年       ミラソール(ブラジル) → リオ・ブランコ・エスポルテ(ブラジル) → アメリカ(ブラジル) →
            リオ・ブランコ・エスポルテ(ブラジル)
1998年       アトレチコ(ブラジル) → アラゴアス(ブラジル)
1999~2000年 ビトーリア(ブラジル) ※テクニカルディレクター
2001年       ビトーリア(ブラジル) → コリンチャンス(ブラジル)
2002年       ミラソール(ブラジル) → ブラジリエンセ(ブラジル) → カシアス(ブラジル)
2002~2004年 サンタクルス(ブラジル)
2004年       サントアンドレイ(ブラジル) → サンカエターノ(ブラジル)
2005年       ゴイアス(ブラジル) → ボタフォゴ(ブラジル)
2005年9月2日~2009年7月14日  大分トリニータ

◆大分トリニータでの戦績 ※2005年9月10日~2009年7月14日
2005年 J1リーグ 11位(第23節以降) 7勝3分2敗
       天皇杯 5回戦敗退
2006年 J1リーグ 8位  13勝8分13敗
       ナビスコカップ予選リーグ 3位敗退
       天皇杯 5回戦敗退
2007年 J1リーグ 14位 12勝5分17敗
       ナビスコカップ予選リーグ 3位敗退
       天皇杯 5回戦敗退
2008年 J1リーグ 4位  16勝8分10敗
       ナビスコカップ 優勝
       天皇杯 4回戦敗退
2009年 J1リーグ 18位(第17節まで) 1勝1分15敗
       ナビスコカップ 予選リーグ4位敗退





2005年9月から監督就任後、たくさんの感動を与えてくれたシャムスカ監督の解任は、本当に残念でなりません。 しかしプロスポーツの世界では、結果が第一なので現状を考えれば仕方のない事なのかもしれません。 今までの功績を称え、シャムスカ監督への恩返しの為にもJ1残留は必至です!!
気持ちを切り替えて ここから這い上がるしかありません!
今こそ 共に勝利をめざして 頑張りましょう!!  頑張れ大分トリニータ!

2009 J1リーグ 第17節 vs 磐田戦 

リーグディビジョン1  第17節 vs ジュビロ磐田
7月12日(日) 19:00試合開始  アウェイ:ヤマハスタジアム  10,008人  主審:松村
       ジュビロ磐田 3-1 大分トリニータ 


【得点者】
磐 田 : 駒野友一   (前44分)  FK  
磐 田 : 前田遼一   (後17分)  アシスト・上田  
大 分 : エジミウソン (後24分)   
磐 田 : 前田遼一   (後37分)  アシスト・ジウシーニョ  


【大分出場メンバー】
FW 高松  ウェズレイ(金崎・後0分)   
MF 鈴木  高橋  家長(前田・後21分)  エジミウソン  清武
DF 坪内  上本  藤田
GK 西川


【警告】
イエロー  エジミウソン(3)  高橋(2)  

 
SUB
GK 下川 DF 深谷 MF 西山 MF 金崎 MF 宮沢 MF 梅田 FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「今日は非常に良いゲームができたと思う。おそらくスカウティングを見てもらっても、シュート数や、コーナーキック、ポゼッション的な部分でも、相手よりも優れていたと思う。もちろん、その中で決めるべきところをきちんと決めないと、結果は得られない。逆に磐田のほうは、少ないチャンスをしっかりものにできたということが、今日のゲームの一番のポイントだったのではないかと思う」

2009 J1リーグ 第16節 vs 千葉戦 

リーグディビジョン1  第16節 vs ジェフユナイテッド千葉
7月4日(土) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  19,671人  主審:廣瀬
        大分トリニータ 1-2 ジェフユナイテッド千葉


【得点者】
千 葉 : 深井正樹   (前 5分) 
大 分 : 高橋大輔  (前 7分)  アシスト・家長
千 葉 : 下村東美   (前23分)  


【大分出場メンバー】
FW 高松  ウェズレイ  
MF 鈴木  家長  高橋(梅田・後40分)  エジミウソン  清武
DF 上本  森重  藤田(小手川・後40分) 
GK 西川


【警告】
イエロー  森重(4)  エジミウソン(2)    


SUB
GK 下川 DF 坪内 MF 西山 MF 小手川 MF 宮沢 MF 梅田 FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「今日はいいゲームをしたと思うが、効果的なチャンスをつくれなかった。相手のコンパクトな守備に手こずった。また、相手のカウンターが強いと知った上で前にいき、最終ラインが1対1の場面をつくらせたのは悪かった。後半はうちの攻撃の時間は長かったが、守備を固めた千葉に効果的な攻撃ができなかった」

7/3 地元新聞より 

  - とにかく一勝 ! ! -
      信じる気持ちが勝利を呼ぶ!

     ジェフ戦PR
復活の狼煙をあげるゴールを決めろ!。梅田高志!

                  
★ 地元新聞での告知記事です。(7/4千葉戦)

 「みんなで前を向いてやるしかない。死ぬ気でやるしかない」。鹿島戦後、キャプテン高松の言葉がチームの現状を表していた。先制したら負けないトリニータは昨年のこと、今年は得点の直後に必ず失点してしまうという最悪の流れが“定着”してしまった。さすがに12連敗までくると、答えを見つけるのは容易ではなく、たとえ見つけたところで勝ち点がついてこなければ全く意味がない。前節の反省点を検証し、次節に備えた練習でしっかりと克服できているのだろうか。チーム全員が最後まで諦めずに「勝ちたいという気持ち」でゴールを目指す姿勢を失っていないとすれば、足りないものは一瞬の素早さと数センチの差だろうか。とにかく石にかじりついてでも目の前の“1勝”にこだわる戦い方が必要だ。

選手交代のタイミングがカギとなるか?!
 JFLの大分トリニティ時代から在籍する梅田高志。昨シーズンはレンタル移籍先のJ2岐阜で自身最多の5得点を挙げレギュラーとして活躍。復帰した今シーズンはリーグ戦中断期間のナビスコカップ新潟戦で先制ゴールし、久しぶりの勝利に貢献した。右サイドの職人だが、ボランチもこなせる器用さと豊富な運動量に支えられた粘り強さが持ち味。低迷するチームを立て直すべく、数々の貴重な経験を生かしたプレーを期待したい。あすは順位が近い千葉との対戦。リーグ戦では過去一度も勝利したことのない相手とはいえ、勝ち点差を考えても絶対に負けられない。FWの巻と深井のコンビによる体を張ったプレーや飛び出しなどに注意が必要だが、千葉とは運動量の勝負になることが多く、何よりも走り負けないことが勝利の絶対条件となる。九石ドーム特有の暑さや湿気に対して、選手交代のタイミングなど、監督による戦術面での対応も試合の行方を左右しそうだ。



☆明日のジェフユナイテッド千葉戦の告知記事。
15節終了時点で 勝ち点 12連敗し、最下位に低迷しているトリニータ。 明日こそは・・・
共に勝利をめざし… サポート頑張りましょう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。