スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 J1リーグ 第30節 vs 京都戦 

リーグディビジョン1  第30節 vs 京都サンガF.C.
10月24日(土) 19:00試合開始  アウェイ:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場  14,852人  主審:鍋島
       京都サンガF.C. 1-1 大分トリニータ 


【得点者】
大 分 : 高橋大輔  (前 6分)  アシスト・金崎
京 都 : 林丈統   (前21分)

【大分出場メンバー】
FW 高松   
MF 高橋  崔(フェルナンジーニョ・後9分)  金崎  家長(坪内・後13分)  東  エジミウソン
DF 菊池  藤田  深谷(前田・後31分)
GK 西川


【警告】
イエロー  深谷(2)  藤田(4)  


SUB
GK 下川 DF 坪内 MF 井上 MF 宮沢 MF 清武 FW フェルナンジーニョ FW 前田


●ポポヴィッチ監督(大分):
「今晩は。もちろん、ポジティブなこともありましたがこういう状況、こういう順位で結果には満足しているとは言えません。そして、ダイナミックな試合展開でお互いにチャンスを作り合った。相手の試合開始のシステムをみれば分かる通りなんですけど、それが私たちをどれだけ怖がっていたかということは分かると思います。シジクレイ、李正秀、彼ら2人が、クラシックなシステムで中盤を守っている。それは私たちが相手にとって脅威を与えるチームであったからだと思います。そして、試合開始直後、私たちはいいプレーをしてゴールを決めました。逆に数的優位に立ったということで私たちはプレッシャーを感じたかも知れません。それは精神的なプレッシャーということでサッカーでは良くあることです。そして私たちはもう1点取るために色々なことにチャレンジしましたが残念な結果に。少しの幸運があれば変わっていたかも知れません。ただ、私はやり方を変えるつもりもありませんし、続けなければいけないと思っています。上本大海が今日は出場停止で出れなかったので、少しメンバーを変えなければいけませんでしたが、そして家長も怪我のため途中で交代せざるを得なくなりました。そして、こういうチーム状態を考えると、2人の中心選手がいなかったというのは確かに痛かったといえます。そしてこの降格ということなんですが、ユベントスも降格したことがあるように、他にも多くの名のあるクラブが降格したと同じ様にいい経験と捉えています。そして、特に問われるのは、こういう時、こういう難しい時に人間性が問われる。私たちの力、私たちの持っているクオリティ、この3カ月の間に沢山のことを変えてきたと思っています。私たちはそれをやり続けてシーズン終了後まで戦い、そして、まだまだ試合は続きます。そういう話だけでなく、私たちは自分たちのサッカーをする、そういう方法で皆さん、応援してくれたサポーターの皆さん、今日スタジアムに来てくれた皆さんを始め、大分に関わってくれた皆さんにグラウンドの上で示したいと思っています。そしてまだ今年中にやらなくてはいけないことは沢山ありますので来年のことはまだ考えていません」

スポンサーサイト

2009 J1リーグ 第29節 vs清水戦 

リーグディビジョン1  第29節 vs 清水エスパルス
10月18日(日) 14:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  18,264人  主審:松村
       大分トリニータ 2-1 清水エスパルス 


【得点者】
清 水 : 岩下敬輔 (後 5分)  アシスト・兵働
大 分 : 高松大樹 (後13分)  アシスト・金崎
大 分 : 高松大樹 (後33分)  アシスト・家長


【大分出場メンバー】
FW 金崎(坪内・後 44分)  高松(崔・後42分)   
MF 高橋  東  家長  菊池  エジミウソン
DF 上本  藤田  深谷
GK 西川


【警告】
イエロー  上本(4)  高橋(3)  

 
SUB
GK 石田 DF 坪内 MF 清武 MF 梅田 FW フェルナンジーニョ FW 前田 FW 崔


●ポポヴィッチ監督(大分):
「両チームともいい試合をした。今日の試合、我々が負けるのを期待していた人がいると思うが、私はこのチームを信じていたし、練習でやっていることを全て出せば勝てると選手に言っていた。首位の清水相手に最下位の我々が90分間試合をコントロールできた。我々はペナルティエリア付近で守るのではなく、攻撃的に戦った。90分通じて自陣のペナルティエリア付近でプレーをさせなかった。選手全員が力を出し切り、結果も得ることができた。満足している」

第89回天皇杯2回戦 vs 横河武蔵野FC 

2009年第89回天皇杯2回戦  vs 横河武蔵野FC
10月11日(日) 13:00試合開始  ホーム:大分市営陸上競技場  2,645人  主審:穴沢
       大分トリニータ 3-3 横河武蔵野FC
             PK戦 4-3 


【得点者】
横 河 : 池上寿之 (後 5分)
横 河 : 金守貴紀 (後18分)
大 分 : 高松大樹 (後31分)   アシスト・高橋
大 分 : 金崎夢生 (後44分)   CKアシスト・深谷
大 分 : 東慶悟   (延前 9分)  アシスト・フェルナンジーニョ
横 河 : 小山大樹 (延後 8分)  CKアシスト・池上

PK戦
 大 分 ○××○○○  (○…家長、宮沢、東、藤田)
 横 河 ○×○×○×  (○…池上、太田、金守)


【大分出場メンバー】
FW 金崎  フェルナンジーニョ   
MF 家長  東  高橋  菊池(宮沢・後59分)  清武(高松・後53分)
DF 上本(梅田・後69分)  藤田  深谷
GK 下川


【警告】
イエロー  菊池(1)  藤田(1)  宮沢(1)    

 
SUB
GK 石田 DF 小林 MF 小手川 MF 井上 MF 宮沢 MF 梅田 FW 高松


●ポポヴィッチ監督(大分):
「素晴らしい試合をした相手チームを称えたい。我々にとってはふさわしくない試合だったかもしれないが、幸運に恵まれPK戦で勝つことができた。大事なのは次に進めたということ。 試合を振り返ると、前半に幾度となく訪れたチャンスを決めなければいけなかった。0-2から諦めず攻撃をして逆転できたのは良かったが、その後も4、5点決めるチャンスはあった。90分集中しないと、今日のようなことがサッカーでは起こる。世界を見ても(カテゴリーの異なるチームと対戦する)カップ戦は難しいと選手には言っていたが、簡単に勝てると思っていた選手がいたかもしれない。多くのチャンスをつくったが、決定力が足りなかった。バーやポストに当たるシーンはあったが。見る人は楽しめた試合だったと思う。チャンスが多く、ゴールも多く、感情むき出しになって戦ったのだから。これがトーナメントの醍醐味だ。やっている本人はどう思っていたのかな? 120分戦って、PK戦までやり、必要以上に体力と精神力をつかい、疲れただろう」

2009 J1リーグ 第28節 vs 山形戦 

リーグディビジョン1  第28節 vs モンテディオ山形
10月3日(土) 14:00試合開始  アウェイ:NDソフトスタジアム山形  8,011人  主審:奥谷
       モンテディオ山形 0-0 大分トリニータ 


【得点者】


【大分出場メンバー】
FW 金崎  高松(フェルナンジーニョ・後33分)   
MF 家長(崔・後44分)  東  高橋  菊池  エジミウソン
DF 上本  藤田  深谷
GK 西川


【警告】
イエロー  菊池(2)  フェルナンジーニョ(1)  


SUB
GK 下川 DF 坪内 MF 井上 MF 宮沢 MF 梅田 FW フェルナンジーニョ FW 崔


●ポポヴィッチ監督(大分):
「今日の試合に関しては、ポゼッションにしてもシュート数にしても、相手を大きく上回っていたと思うんですけど、ただ、シュートが入らない。ゴールしなければこういう結果になってしまう。これがサッカーだと思っています。試合も最初からコントロールできましたし、相手はカウンターで後半2回チャンスをつくったと思いますが、前半に関してはうちは一度もなかったと思っています。そして、私たちはこういう試合を続けていかなければいけないと感じています。もうちょっとだけ、集中力が足りなかったと思います」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。