スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーグ第10節(広島戦)における警告について 

~大分HPより~

広島戦 藤田義明選手の警告の取り扱いについて

 Jリーグ規律委員会に判定に関する確認書提出に伴い、Jリーグ規律委員会において、5月6日に行われた広島戦での藤田義明選手の警告の取り扱いについて下記の通り決定、報告がでましたのでお知らせ致します。

【決定内容】
2007年5月6日(日)開催
2007Jリーグ J1リーグ戦 第10節 大分トリニータvsサンフレッチェ広島

79分 藤田義明選手(大分トリニータ)に対する警告(C1:反スポーツ的行為)を、警告累積には算入しないものとし、本来警告処分を受けるべきであった三木隆司選手(大分トリニータ)に、警告処分をつけかえ、累積警告に算入する。
ただし、1度目の警告(58分 C2:ラフプレー)については現状のまま藤田 義明選手の警告累積に算入する。

※サッカー競技規則 第5条〔主審〕主審の決定(「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」)により公式記録は変更しない。
※これに伴い、藤田義明選手(大分トリニータ)は懲戒罰の運用上、2度目の警告処分とせず、また2度の警告による退場に伴う出場停止処分も科さないこととする。したがって、直近の2007年5月9日(水)開催 2007Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ Cグループ第5節 ジュビロ 磐田vs大分トリニータは出場が可能となる。

【決定理由】
2007年5月6日(日)2007Jリーグディビジョン1 第10節(大分トリニータ vs サンフレッチェ広島) 79分に、藤田 義明選手は2度目の警告を受け、退場処分を命じられたが、(財)日本サッカー協会 審判委員会を通じて、79分の警告処分となる選手が人違いであることが確認されたため。


上記の決定内容、決定理由はJリーグプレスリリースより

【警告】
(訂正前) イエロー 藤田(3)×2
                ↓
(訂正後) イエロー 藤田(3) 三木(2)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/109-ee4049a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。