スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 リーグ 第14節 vs 鹿島戦  

リーグディビジョン1  第14節 vs 鹿島アントラーズ
6月9日(土) 15:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  21,804人  主審:扇谷
      大分トリニータ 2-2 鹿島アントラーズ


【得点者】
鹿島 : 興梠慎三  (後20分)  アシスト・増田
大分 : 高橋大輔  (後24分)  アシスト・ジュニオール・マラニョン
鹿島 : 岩政大樹  (後36分)  
大分 : 高橋大輔  (後44分)  アシスト・高松


【大分出場メンバー】
FW 前田  セルジーニョ(高松・後32分)
MF 根本  山崎(梅崎・後21分)  高橋  藤田  ジュニオール・マラニョン
DF 上本  三木(松橋・後38分)  深谷
GK 下川


【警告】
イエロー ジュニオール・マラニョン(1) 山崎(2) 深谷(3) 高橋(3)
 
SUB
GK 西川 MF 梅田 MF 西山 MF 森重 MF 梅崎 FW 松橋 FW 高松


●シャムスカ監督(大分):
「もちろん、勝ちが欲しかった。相手チームは日本でも有数のビッククラブだから、思うようにいかないことは分かっていた。苦しいゲームの中、結果的には引き分けだが、いいゲームを見せてくれた。フィジカルの強化を図ったが、グラウンドでも見せることができたし、戦士の魂、サムライの魂を見せることができた。これから、どんどん良くなっていく」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/119-29555ba8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。