スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 リーグ 第15節 vs 神戸戦  

リーグディビジョン1  第15節 vs ヴィッセル神戸
6月16日(土) 13:00試合開始  アウェイ:ホームズスタジアム神戸  13,966人 主審:西村
       ヴィッセル神戸 1-3 大分トリニータ 


【得点者】
大分:高橋大輔  (前1分)  アシスト 藤田
大分:梅崎  司  (前40分)
大分:高橋大輔  (後23分) アシスト 根本 
神戸:レアンドロ  (後44分) 


【大分出場メンバー】
FW 前田(西山・後29分)  セルジーニョ(高松・後41分)  
MF 根本(梅田・後24分)  梅崎  高橋  ジュニオール・マラニョン  藤田
DF 上本  三木  福元  
GK 下川

【警告】
イエロー  前田(1)  上本(4)  下川(1)  梅田×2
レ ッ ド   梅田(1) 

SUB
GK 西川 MF 梅田 MF 西山 MF 森重 MF 金崎 FW 松橋(章) FW 高松

●シャムスカ監督(大分):
「いまの時期の勝点3は本当に重要だった。この1週間でのあと2試合のことを考えると、この勝ちは大きい。実際、気温がすごく高いなかでの試合になったが、そのなかでもウチは3ゴールを決め、すばらしいプレーを見せることができた。相手の4人の攻撃的な選手と、後方から来るボッティの、この5人をしっかりマークすることもできた。こちらがリードしてから、それでもなおかつ攻めたい気持ちが前面に出てしまい、タイミングの悪いときにプレスをかけて、それが逆にピンチを招いてしまうこともあった。今日の修正点としては、有利なときにどれだけ試合をコントロールできるかというところ。その点を修正できれば、チームはもっとよくなる」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/121-3b80be70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。