スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 ヤマザキナビスコ杯 第3節 vs 鹿島戦 

ヤマザキナビスコカップ 第3日  vs 鹿島アントラーズ
4月26日(水) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム 9,876人 主審:松村
      大分トリニータ 1-0 鹿島アントラーズ

【得点者】
大分:深谷友基(前15分)    アシスト・梅崎

【大分出場メンバー】
FW 内村(オズマール・後37分)  山(高松・後0分)
MF 梅崎  西山  高橋  増田(根本・後22分)  トゥーリオ
DF 福元  三木  深谷
GK 下川

【警告】
イエロー 山(1)

SUB
GK 西川 DF 梶原 MF 根本 MF 川田 MF オズマール  FW 高松 FW 市原

●シャムスカ監督(大分):
「今日の試合は大変だったが、すごくいい試合だった。鹿島は日本代表選手や質の高い選手がそろっている。それはアウトォオリ監督の指導のおかげだと思う。試合は1-0で進んだが向こうが引き分けに持ち込むよりもウチが2点目3点目取るという可能性が大きかった。
チームの好調の理由はパスの質が高くなったことと、試合にスピード感が出てきたことがいい結果につながっている。コンビネーションが良かったがカウンターに関してはウチの本来持っている力がもっと出来たはずだ。ウチの大きな課題はラストパス。守備に関してはトップの方が中盤の役割も果たしてくれた。
今日の試合の収穫は高橋の活躍。彼が高いポテンシャルを見せたいい試合になった。トップチームでもやれるということも見せてくれた。彼のパフォーマンスに満足している。高橋は強さがありボールを持ってからのスピードもある。1対1も守備にしろ攻撃にしろしっかりしている。エリア内でしっかりカバーも出来た。今まで出場機会もなかったが、今日は将来性を感じさせるいい戦いが出来た。梅崎もいいところを見せてくれた」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/13-e302a90b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。