スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 リーグ 第21節 vs サンフレッチェ広島 

リーグディビジョン1  第21節 vs サンフレッチェ広島
8月18日(土) 18:00試合開始  アウェイ:広島ビッグアーチ  10,402人 主審:岡田
       サンフレッチェ広島 2-0 大分トリニータ 


【得点者】
広島:服部公太  (前29分)  アシスト・佐藤 
広島:ウェズレイ  (後26分)  アシスト・佐藤


【大分出場メンバー】
FW 梅崎(金崎・後23分)  高松  
MF 根本(前田・後0分)  鈴木  高橋  エジミウソン  藤田
DF 上本(松橋(章)・後35分)  森重  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  上本(3)  藤田(2)

 
SUB
GK 河原 DF 三木 MF ホベルト MF 西山 MF 金崎 FW 松橋(章) FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「今日の試合は、前回と同じレベルとはいえない。技術的にも低いし、点を取るチャンスも少なかった。一方の広島は、チャンスを効果的にゴールに結びつけた。そして有利な状況を最後まで続け、試合を支配した。広島が結果として勝った、ということだ。 気持ちを切り替えて、次の試合に向かいたい。再開直後のようないい試合で、順位をあげていきたい」

Q:前節までとの違いは?
「ボールポゼッションも、パスの質も違う。チャンスをつくるためのスペースメイクもコンビネーションもよくない。ボールを持っていない時の動きも少なかった」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/133-036c0181

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。