スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 リーグ 第22節 vs ヴィッセル神戸 

リーグディビジョン1  第22節 vs ヴィッセル神戸
8月25日(土) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  17,910人  主審:吉田
        大分トリニータ 2-0 ヴィッセル神戸


【得点者】
大分 : 高橋大輔   (前21分)  CKアシスト・梅崎
大分 : 高橋大輔   (後 7分)  アシスト・高松  


【大分出場メンバー】
FW 松橋(章)(ホベルト・後17分)  高松  
MF 鈴木(福元・後42分)  梅崎(山崎・後25分)  高橋  エジミウソン  藤田
DF 上本  森重  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  エジミウソン(1)  森重×2
レ ッ ド   森重(1)

 
SUB
GK 河原 DF 福元 MF ホベルト MF 西山 MF 根本 MF 金崎 FW 山崎


●シャムスカ監督(大分):
「相手には素晴らしい攻撃陣が揃っているので、それをどう抑えるかということを考えていた。一試合通してマークをしたことが勝ちに繋がった。実際ゲームの主導権もウチが握れていた。内容からも勝ちに値するゲームだった。神戸のカウンターがすばらしいのでどう対応するか考えていた。高橋は、守備もよくできていた。サイドをどう支配するかが大事だった。左の鈴木もよくやってくれた。」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/134-8e112a1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。