スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 リーグ 第24節 vs 甲府戦 

リーグディビジョン1  第24節 vs ヴァンフォーレ甲府
9月2日(日) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  14,830人  主審:高山
        大分トリニータ 4-1 ヴァンフォーレ甲府


【得点者】
甲府 : ラドンチッチ  (前 9分)  アシスト・井上
大分 : 高橋大輔   (前23分)  FKアシスト・鈴木
大分 : 梅崎司     (前27分)  
大分 : 高松大樹   (後28分)  
大分 : 鈴木慎吾   (後41分)  PK  


【大分出場メンバー】
FW 山崎(三木・後41分)  高松  
MF 鈴木(根本・後44分)  梅崎(西山・後30分)  高橋  エジミウソン  ホベルト
DF 藤田  福元  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  山崎(3)  ホベルト(1)

 
SUB
GK 河原 DF 三木 MF 西山 MF 根本 MF 金崎 FW 松橋(章) FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「今日の試合は重要だった。まず順位は勝つことにより、勝ち点をとってどんどん上がっていく。あと勝つことによって、負けたことを吹っ切れる。気持ち的にチーム全体が緩和される。甲府の細かくつないでくるショートパスでターゲットになる選手に苦労させられた。得点を入れられてウチのチームはもたつかないで、スコアをあげることができた。
今日の試合は全体的に見て、相手よりチャンスを作ったし、価値のある勝利」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/136-e23477a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。