スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 リーグ 第27節 vs G大阪戦  

リーグディビジョン1  第27節 vs ガンバ大阪
9月29日(土) 19:00試合開始  アウェイ:万博記念競技場  12,163人  主審:松尾
       ガンバ大阪 1-0 大分トリニータ 


【得点者】
大阪:バレー  (後44分)  



【大分出場メンバー】
FW 山崎(松橋(章)・後44分)  高松(松橋(優)・後38分)  
MF 鈴木  梅崎(上本・後0分)  高橋  エジミウソン  ホベルト
DF 藤田  森重  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  高橋(4)

 
SUB
GK 西川 DF 三木 DF 上本 MF 西山 MF 根本 FW 松橋(章)FW 松橋(優) 


●シャムスカ監督(大分):
「前半、決定的なチャンスがあったが活かせず、ガンバにかなりスペースを与えてしまっていた。後半はその点について修正することと、家長を入れてくることは想定していたので、その対応もあって上本を投入した。またそれによって、後半は前半に相手に与えてしまったようなスペースを与えないようコンパクトにすることと、相手のマークだけではなくカウンターをしっかり仕掛ける準備をしようということだった。 後半に入り、実際にカウンターを仕掛けようとしたが、パスの質や最後まで持っていくことが出来なかったことが、勝てなかった原因だと思う。今日のゲーム、選手はかなりしっかりした気持ちを持って入り、意欲的にやっていた。そうしたゲームに対する気持ちを考えると、勝点1で終わってもおかしくないゲームだったと思う。 この試合を素晴らしい試合にする力添えとして、大分から応援にきてくれたサポーターの存在もあった。感謝している」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/140-1832fa61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。