スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅田高志選手(岐阜)インタビュー 

~ J’s GOAL より ~

【2008 J's GOALキャンプレポート@宮崎】 梅田高志選手(岐阜)インタビュー

宮崎キャンプでの梅田選手へのインタビューが J’s GOAL にアップされていました。
相変わらず梅田選手らしい控え目な?! インタビュー風景でしたが、元気そうなので安心しました。

岐阜の為に一生懸命… 頑張ってくれること 間違いなし!!
しかし、ボリュームをフルにしないと…     声が小さいです! ^^; 笑) 



【2008 J's GOALキャンプレポート:2月22日】

岐阜 トピックス:地元・岐阜出身

「(岐阜の)西濃運輸では3年間プレーしたのでその時にタイムスリップしたみたいです」

そう語るのは地元・岐阜出身のJリーガー梅田高志選手。西濃運輸サッカー部が廃部した後は大分トリニティ(現:大分トリニータ)に移籍し、その後大分トリニータのJ1昇格にも貢献。大分では一番在籍が長い選手としてサポーターにも愛されてきた。梅田選手も大分を愛し、チームのためにプレーし続けてきた。

でもその傍ら将来は地元の岐阜で現役を終えたいという気持ちも持っていたそうだ。そんな時、FC岐阜がJ2昇格を果たし、熱烈なラブコール。「ちょうどいいタイミングでした」(梅田)期限付き移籍ではあるが、この自分の生まれ育った故郷のために一肌脱ぎたいという思いで地元に帰ってきた。

ベテラン選手ではあるが、梅田選手のこのキャンプでのテーマは、「まずはチームに打ちとけること」という。「自分は入ってきた立場なので、まずは自分のプレーをチームのみんなに分かってもらうことです」とあくまで謙虚な姿勢を忘れない。しかし、キャンプ中のトレーニングマッチでは、豊富な運動量とドリブルのうまさをアピール。「すでに梅田さんはこのチームになくてはならない存在になっている」と地元メディアをうならせている。

梅田選手以外でも森山選手、吉村選手、薮田選手などJリーグのさまざまなチームで経験を積んだベテラン選手も多数いれば、初めてJリーグを経験するという選手たちも多い。「そういう選手たちの融合が楽しみ。キャンプでは十分コミュニケーションも図っているので、今後は実践で試していきたい。」と松永英機監督の鼻息も荒い。「どこまでやれるか分からないけど、可能性がチーム」と話す梅田選手の顔は輝いていた。


※地元・岐阜に戻ってきた梅田選手。口数は少ないが胸には熱い闘志を秘めている。
※かつて大分トリニータで一緒にプレーした吉村選手と梅田選手。若手とベテランの融合が楽しみ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/163-1e4b6664

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。