スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 ヤマザキナビスコ杯 第2節 vs 新潟戦 

ヤマザキナビスコカップ 第2日  vs アルビレックス新潟
3月23日(日) 14:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム 10,774人 主審:高山
       大分トリニータ 3-0 アルビレックス新潟 

【得点者】
大 分 : 高松大樹(前32分)      アシスト・藤田
大 分 : 森重真人(前35分)   FK アシスト・鈴木
大 分 : ホベルト(後27分)      
 

【大分出場メンバー】
FW 前田(西山・後36分)  高松(松橋・前41分)  
MF 鈴木  金崎(清武・後39分)  藤田  ホベルト  エジミウソン
DF 上本  森重  深谷  
GK 西川


【警告】
イエロー  森重(2) 高松(2) 前田(1) 鈴木(1)


SUB
GK 下川 DF 山崎 MF 小林(亮) MF 西山 MF 小手川 MF 清武 FW 松橋

●シャムスカ監督(大分):
「こんにちは。今の時期の勝利は我々にとって大きな意味がある。ナビスコ初戦では負けていたので、今回の勝利でその負けを取り消した。来週末、リーグ戦があるので、この一週間勝ちを噛みしめながら充実させつつ一週間準備をしたい。この勝ちは次の勝利を呼び込む重要なゲームになる。こちらがリードしてから、新潟から押し込まれるシーンがあって守備に追われる時間があった。新潟の多彩なポジションチェンジに対応するため、コミュニケーションが必要だった。今シーズンに入ってから、ゲームの中でチーム内の連結、一体感が素晴らしい。あるポジションでミスがあった場合、他の選手がカバーするという一体感がある。チーム一丸となって臨んだゲーム。効果的なゲーム内容だった。」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/173-3fe4ee6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。