スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第4節 vs 徳島戦 

リーグディビジョン2  第4節 vs 徳島ヴォルティス 
3月23日(日)18:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 2,028人 主審:池田
         FC岐阜 2-1 徳島ヴォルティス



【得点者】
岐 阜 : 梅田高志  (前34分)
徳 島 : ドゥンビア  (後30分) 
岐 阜 : 片山真人  (後31分)   アシスト・片桐    


【岐阜出場メンバー】
FW 片山  片桐  
MF 高木(姜・後39分)  北村  菅(奈須・後37分)  梅田
DF 山田  小峯  川島  吉村  
GK 日野


【警告】
イエロー  菅(1)  山田(1) 

 
SUB
GK 水谷 DF 深津 MF 奈須 FW 姜 FW 森山


●松永英機監督(岐阜):
「山形戦を終えて中2日。一つは気持ちの部分で緩みがないか三日間チェックをしていた。もう一つはフィジカル的に後半は明らかに疲労が見えた中でのハードなゲームだった。徳島は我々が分析していたシステムとは違ったシステムと配置だったが、うまく対応が出来たので、我々のシステムを変える必要はなかった。比較的我々のペースだったが、FK、CK、一発のフィードなど相手がバワフルでひやりとしたが、GKを含めてよく対応してくれた。 後半は勝ったわけではないと気持ちを締めました。二点目を早く取ることを目標にしたが、45分の中盤は押される場面もあった。その中で失点をしたが、すぐに取り返せたのは、選手の気持ちの現れだと思う」

●梅田 高志(岐阜):
「3対3の状況でつっかけたら相手が寄せて来なかったので打ちました。ゴールもそうですが、同点に追いつかれたあとに逆転出来たのは嬉しいですね。ただまだ始まったばかり。いま上にいるからと言って、最後までいられるとは限らない。今日も内容的に素晴らしかったというとそうではない。リードしたときにもっと楽にボールが持てたはず。試合運びの面でもっとズル賢いサッカーをしていかないといけないですね」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/174-c83e222e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。