スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第5節 vs C大阪戦  

リーグディビジョン2  第5節 vs セレッソ大阪
3月29日(土) 16:00試合開始  アウェイ:長居スタジアム  5,617人  主審:飯田
        セレッソ大阪 1-0 FC岐阜 


【得点者】
大阪 : 酒本憲幸   (前12分)     アシスト・柳沢


【岐阜出場メンバー】
FW 片山(森山・後32分)  片桐  
MF 高木(奈須・後28分)  北村  梅田  薮田(相川・後10分)
DF 山田  小峯  川島  吉村  
GK 日野


【警告】
イエロー  吉村(1)
 
SUB
GK 水谷 DF 深津 MF 奈須 FW 相川 FW 森山


●松永英機監督(岐阜):
「セレッソ大阪という非常に歴史がある、力のあるチームと戦うということで、選手たちも非常に気持ちが入ってましたし、モチベートしやすいゲームだったと思います。 前半の早い時間帯、ちょっとしたスローインの連係から失点を許してしまった。そのビハインドに対して、我々は同点もしくは逆転ということで、戦ったわけなんですが、同点に追いつくチャンスは前半にも後半にもありました。なかなかゴールは遠かったんですが、チャンスは作れたこと、チャンスになったことは攻撃の中では評価したいと思います。守備においては、今日もタフに戦うことがテーマでしたので、我々4試合戦い続けてきたなかの自分たちの特徴というものは出せたと思います。」

●梅田高志選手(岐阜):
「攻撃のところでもっと精度を上げて、アイデアを出す必要がある。前半は特に中盤のところで相手のオフェンシブハーフに中に入られて、プレスをかけづらかった。落ち込んでも試合は続くので、切り替えてやっていきたい」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/175-7aed68ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。