スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J1リーグ 第3節 vs 名古屋戦 

リーグディビジョン1  第3節 vs 名古屋グランパス
3月30日(日) 19:00試合開始  アウェイ:名古屋市瑞穂陸上競技場  8,764人  主審:吉田
       名古屋グランパス 2-1 大分トリニータ 


【得点者】
名古屋 : 玉田圭司  (前 3分)    アシスト・中村
大 分 : 金崎夢生   (前39分)    アシスト・藤田
名古屋 : マギヌン   (後25分)    アシスト・竹内


【大分出場メンバー】
FW ウェズレイ  前田(松橋・後22分)  
MF 鈴木  金崎  藤田  エジミウソン(市原・後36分)  ホベルト
DF 上本(西山・後42分)  森重  深谷  
GK 西川


【警告】
イエロー  前田(1)


 
SUB
GK 下川 DF 山崎 MF 小林(亮) MF 西山 MF 根本 FW 市原 FW 松橋 


●シャムスカ監督(大分):
「今シーズン、開幕からずっと調子が良い状態できていました。そして開幕3連勝という短期の目標を立てていましたが、残念ながら達成できませんでした。その原因としては、これまでと同じレベルのサッカーをすることができなかったことがあります。しかしながら、ビッグクラブ相手に、調子の悪い中、それなりのゲームができたと思います。名古屋は、今日のようなゲームならば十分タイトルを狙えるチームと思います。 我々の内容が悪かった理由としては、パスミスがかなり目立ったことでした。これまでは今日ほどミスはありませんでした。雨という悪いコンディションでしたが、これまでは雨という状況でもしっかりパスをつなげていたのですが、今日はできませんでした。コンディションや自分達の戦い方ができないという難しいゲームの中、なんとかゲームを作っていたと思います。選手たちは最後の最後まで諦めず、頑張りと気迫でゲームを組み立てようとしていたと思います。この状況ならば引き分けでも仕方ないという内容だったと思います」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/177-49d18a52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。