スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J1リーグ 第7節 vs 磐田戦 

リーグディビジョン1  第7節 vs ジュビロ磐田
4月20日(日) 14:00試合開始  アウェイ:ヤマハスタジアム  11,229人  主審:野田
       ジュビロ磐田 1-1 大分トリニータ 


【得点者】
大分 : ホベルト   (前17分)    
磐田 : 萬代宏樹   (後 9分)   アシスト・上田


【大分出場メンバー】
FW 松橋(前田・後41分)  高松(市原・後22分)  
MF 鈴木  金崎  小林(亮)  エジミウソン  ホベルト
DF 上本  藤田  深谷  
GK 西川


【警告】
イエロー  松橋(1)  

 
SUB
GK 下川 DF 山崎 DF 根本 MF 小林(宏) MF 小手川 FW 市原 FW 前田 


●シャムスカ監督(大分):
「ジュビロのホームで、サポーターの後押しがある中、ここでのゲームでは常に大変な思いをしてきた。そういう中、われわれは今抱えている目標を達成するためにも、今日のゲームは勝利を狙ってここにやってきた。ゲーム内容としては、チャンスは多く作ったが、それをうまく結果に反映できなかった。あとは、試合中に起きたちょっとしたスキを相手にうまくつかれてしまった。しかし、トリニータのサッカーというのをもう一度見せられたということには大変満足しているし、本当に決断をしてゲームに向かっていけた。そこは評価できることだと思っている。このむずかしい戦いの中、われわれの選手たちが見せた仕事ぶりを見ると、もう少し結果が良くてもよかったと思う」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/184-cf6bd36e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。