スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第16節 vs C大阪戦 

リーグディビジョン2  第16節 vs セレッソ大阪 
5月25日(日)19:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 3,259人 主審:柏原
         FC岐阜 0-5 セレッソ大阪



【得点者】
大阪 :ジェルマーノ  (前31分)   PK  
大阪 :カレカ      (後10分)   アシスト・柳沢  
大阪 :古橋達弥    (後27分)   アシスト・小松  
大阪 :古橋達弥    (後32分)   アシスト・柿谷  
大阪 :ジェルマーノ  (後35分)   PK  


【岐阜出場メンバー】
FW 片山(小島(弘)・後31分)  片桐  
MF 高木  菅  佐藤(大友・後18分)  梅田
DF 奈須(森山・後31分)  菊池  深津  小峯(退場・後41分)  
GK 日野


【警告】
イエロー  奈須(2)  深津(3)  小峯×2   
レ ッ ド   小峯(2)
 
SUB
GK 水谷 DF 川島 MF 大友 FW 小島(弘) FW 森山


●松永英機監督(岐阜):
「結果的に5-0という大敗を喫してしまったことは、プロのサッカーをしているなかで、本当にサポーターやファンの皆さんに本当に申し訳なく思っています。 前半からのゲームプランは決して悪くなかったですし、あのPKを取られたシーンは、確かにちょっとした判断のミスからですが、1-0で折り返して、ハーフタイムにちょっとした切り替え、特にリスタートのところを早くしようということをしつこいほど確認したんですが、実際は2点目にそういったシーンからやられてしまった。その2点目が大きな影響を与えたと思います、我々にとって。そこからいくつかのチャンスがあったのに決められなかった。5点を取られた悔しさより、1点も取れなかったほうの悔しさのほうが多いかと思います。長いシーズンの中で、前節の草津戦よりは選手たちは気持ちが入っていましたし、相手の力関係をみれば、この結果はある意味妥当なのかなといえるかもわかりませんが、もっともっと選手たちが、大事な勝負どころで、厳しさを味わうことによって、この5-0が3-0や2-0に出来た試合ではなかったかなという風に思います。すべてにおいて監督である私の責任であると思いますので、何とか立ち直らせて、次のゲームにまた向かっていきたいと思います」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/199-00c1bbdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。