スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第17節 vs 甲府戦 

リーグディビジョン2  第17節 vs ヴァンフォーレ甲府 
5月31日(土)13:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 2,899人 主審:松尾
         FC岐阜 1-1 ヴァンフォーレ甲府



【得点者】
岐阜 :菊池完       (後11分)   CK  
甲府 :羽地登志晃    (後27分)   アシスト・美尾  


【岐阜出場メンバー】
FW 相川(片山・後25分)  片桐  
MF 高木(田村・後41分)  菅  佐藤(岩田・後33分)  梅田
DF 奈須  菊池  深津  川島  
GK 日野


【警告】
イエロー  梅田(3)  奈須(3)   

 
SUB
GK 水谷 MF 山田 MF 岩田 FW 田村 FW 片山


●松永英機監督(岐阜):
「前節、0-5という大敗の後、今節。結果は勝ち点3が欲しかった試合でした。甲府との力関係を考えれば、価値ある勝ち点1と思う。前半はゲームプラン、守備やポゼッションはうまく行っていた。後半先行したが追いつかれてしまった。でも、これまではそこからダダっと崩れていたがよく守ってくれた。前節よりは新しく出た選手がよくやってくれた。それは収穫ですね。ただ、勝ち点3が取れなかったので、熱い応援をしてくれるサポーターに早く勝ち点3を届けたいです」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/201-b3fc9cbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。