スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第19節 vs 熊本戦 

リーグディビジョン2  第19節 vs ロアッソ熊本 
6月11日(水)19:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 2,030人 主審:松尾
         FC岐阜 0-0 ロアッソ熊本



【得点者】


【岐阜出場メンバー】
FW 片桐  相川(片山・後16分)    
MF 高木(小島(宏)・後33分)  菅(佐藤・後16分)  北村  梅田
DF 奈須  菊池  深津  川島  
GK 日野


【警告】
イエロー  深津(4)  片山(3)   

 
SUB
GK 水谷 DF 小峯 MF 佐藤 MF 小島(宏) FW 片山


●松永英機監督(岐阜):
「やろうとしていることが出来た。前半は選手達のフィジカルコンディションを考えて、ゲームプランを立てた。相手の出方を見ながら、勢いではなく、様子を見る。そういうプランの下でやった。前半の余力を後半出していこうと思っていたが、攻撃が噛み合わなかった。中盤を作ることが出来なかった。主導権を握ることが出来ませんでした。後半、人を入れ替えることで、チャンスメークを試みたが、最後は作れたけど、後半のシュート本数が2本では、点を取るために逆算すると、フィニッシュまでいけていない。もっと崩しや仕掛けをしていかないといけない。これは個々だけの問題でなく、チームとして、グループとしての問題ですね」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/205-fdaa524e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。