スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 ヤマザキナビスコ杯 準々決勝 第1戦 vs FC東京戦 

ヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント(準々決勝)第1戦  vs FC東京
7月2日(水) 19:00試合開始  アウェイ:味の素スタジアム 11,378人 主審:扇谷
      FC東京 1-2 大分トリニータ 

【得点者】
大分 : 前田俊介     (前28分)  
東京 : 石川直宏     (前44分)  
大分 : エジミウソン   (後38分)  アシスト・金崎


【大分出場メンバー】
FW ウェズレイ(小林(亮)・後34分)  前田(高松・後18分)  
MF 鈴木  金崎(高橋・後41分)  藤田  ホベルト  エジミウソン
DF 上本  森重  深谷  
GK 西川

【警告】
イエロー  ホベルト(1) 

SUB
GK 下川 DF 小林(宏) MF 西山 MF 小林(亮) MF 高橋 FW 高松 FW 松橋

●シャムスカ監督(大分):
「今日の試合は五分五分の苦しい戦いになりました。簡単にまとめるならば、我々の仕事ぶりが結果に表れたということ。そういうゲームだったと思います。ゲームの内容を見ても、常に我々が主導権を握るように心がけたことが結果に繋がった。前半は、あまりスペースがなかったが、後半に入ってから主導権を握ることが出来た。ゲームの展開にしても、かなりスペースをうまく使えたことが、結果に表れたのではないかと思う。 ゲーム内容が互角だった理由として、例えば後半、我々がダイナミックに動いてチャンスを作ったことが上げられる。逆にF東京は、前半すばらしい動きをしてダイナミックさを見せていた。内容としては、前半は相手のほうが上で、後半は我々のほうが上だった。結果として前後半合わせて、我々は互角の戦いをし続けることができたゲームでした。」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/212-b9e96de3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。