スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J1リーグ 第15節 vs 京都戦 

リーグディビジョン1  第15節 vs 京都サンガF.C.
7月6日(日) 19:00試合開始  アウェイ:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場  12,533人  主審:吉田
       京都サンガF.C. 1-1 大分トリニータ 


【得点者】
鹿島 : 柳沢敦     (前22分)   アシスト・渡辺
大分 : 前田俊介   (前25分)   FKアシスト・鈴木


【大分出場メンバー】
FW 前田(松橋・後10分)  ウェズレイ(西山 ・後40分)
MF 鈴木  金崎  小林(亮)(高橋・後10分)  エジミウソン  藤田
DF 小林(宏)  森重   深谷  
GK 西川


【警告】
イエロー  西川(2)  深谷(2)  
 
SUB
GK 下川 DF 山崎 MF 西山 MF 高橋 FW 高松 FW 松橋 


●シャムスカ監督(大分):
「京都は後半戦に入って選手の補強もして、チーム自体の仕上がりも良くなった印象がありました。彼らの攻撃の多彩な動きであったり、そのあたりを分析すると、このゲームは一試合を通じて本当に難しいものになるなと予想してこの地にやってきました。清水戦のビデオを見て、このゲームの時と、清水の時のゲームとでは、京都の守備の人数のかけ方で、我々の攻撃に対しての守備は相手は一人残して、後はみんな戻って守備に当たる感じでした。守備の面では予想しないやり方できました。攻撃面では両サイドバックをちょっと高めの位置に置くことにより我々のマークを難しくする、マークの対応をちょっとやりづらい方法を取られた。そのせいで、その状況では、人数が足りなくて相手に思うように攻撃させる時間帯を作らせてしまった。それと相手の攻撃に対して我々が守備から攻撃に転じる場合に、一番に目指したのが速いカウンター。そのカウンターも相手の背後を狙うようなボールを出して攻撃する方法を取りたかったのですが、グラウンドの芝が短かったということ、少し雨に濡れてスリッピーなっていたということ。それで思う様な攻撃を仕掛けられなかったと思います。前半、ゲームが始まるウォーミングアップの段階で、ホベルトが筋肉的な問題で出れなくなり、我々としてはホベルトを含めたプランで対京都戦を考えていたので、そこらへんで急にそういう状態に陥ったということで、ホベルトの穴を埋めるために、二人の選手のポジションを動かさざるを得なくなりました。ディフェンスに置こうとした藤田をボランチに置いて、その空いたディフェンスのところに小林宏を置いた。そのこともあり、まず前半はチーム全体を、今までこのゲームに向けて準備していたプランをこのゲーム直前で変更しなくてはならなくなり、大変なゲームでした。我々がここに来るにあたって当然勝点3を狙っていたのですが、今日の相手のとのゲーム内容、我々のこのゲームに対する準備をして再修正を加えなければならないことを考えても、勝点1に価値を見出さなくてはいけないと思います」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/214-b26a68bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。