スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第24節 vs 山形戦 

リーグディビジョン2  第24節 vs モンテディオ山形 
7月6日(日)19:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 3,142人 主審:牧野
         FC岐阜 2-1 モンテディオ山形



【得点者】
岐阜 : 片桐淳至   (後30分)   アシスト・高木
山形 : 秋葉勝    (後33分)   アシスト・石川
岐阜 : 片桐淳至   (後42分)   FK


【岐阜出場メンバー】
FW 片桐(岩田・後44分)  小島(片山・後24分)     
MF 高木  奈須 北村  梅田(相川・後40分)
DF 菅  菊池  深津  川島  
GK 日野


【警告】
イエロー  奈須(4)   

 
SUB
GK 水谷 DF 小峯 MF 岩田 FW 相川 FW 片山


●松永英機監督(岐阜):
「1年を通して、(今日は)前半戦と後半戦のひとつの節目の試合だった。7月シリーズのファーストゲームで山形に勝てたことは大きい。第1クールのアウェイ戦で5-3と勝ったこともあったので、今日はかなり高いモチベーションで山形が来ると思っていた。そういったことを想定して、メンタル的な部分にウェイトを置いてトレーニングをしてきた。結果、『勝てない、勝てない』と言われ続けたホームで2-1。これは選手全員がチャレンジしてくれた結果です。充分走り切ってくれた結果だと思います。ファン、サポーターの皆さんの声援のおかげだと思います。そこは凄く感謝しています。内容的には、前半は山形が鈍っていたのかよく分かりませんが、比較的我々のリズムで試合を進めることができた。ただ、前半の残り15分は押し込まれた。相手のボールになる時間が多かった。それでもGKを中心に守り切れた。後半は立ち上がりを気をつけようとしていた。山形は人を代えて攻撃を仕掛けてくる中でGKとDFが安定した守備を見せてくれた。その中で、左サイドを片桐があそこまで切り込んで決めたのは我々にとって理想的な攻めで、理想的な点でした。ただ、その後のリスタートでマークを付け切れず、失点してしまったのは反省です。その後、FKでゴールを決めることができたのは、選手全員が勝つことにこだわっていた結果。内容的にも攻守でリズムを掴めましたし、ペース配分も悪くなかった。何より、2位の山形に勝てたのは嬉しい。7月シリーズの最初の試合で勝てたのは大きいし、その勢いを次の広島につなげていきたいと思います」

ディビジョン2 第25節 FC岐阜は対戦無し(試合無し) です。

次の対戦カードは

第26節  サンフレッチェ広島 vs 岐阜 7月12日(土)18時~  広島ビッグアーチにて

J2首位の広島を倒せ!!  がんばれFC岐阜!! 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/215-2033a9cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。