スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第29節 vs 水戸戦 

リーグディビジョン2  第29節 vs 水戸ホーリーホック 
8月1日(金)19:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 2,878人 主審:山西
         FC岐阜 0-1 水戸ホーリーホック



【得点者】
水 戸 : 荒田智之   (後18分)   アシスト・金沢


【岐阜出場メンバー】
FW 片桐  小島(宏)(片山・後09分)     
MF 高木(大友・後09分)  菊池(菅・後28分)  北村  梅田
DF 奈須  深津  小峯  川島  
GK 日野


【警告】

 
SUB
GK 西田 MF 菅 MF 薮田 MF 大友 FW 片山


●松永英機監督(岐阜):
「結果、0-1での敗戦でした。この前の仙台戦から昨日、今日までの流れを考えると、いい準備ができなかったことが本当に反省点です。今季の傾向として、いい試合をした後に悪い試合をするというギャップがあるなと思った。 前半は水戸の出足がよくて、相手の判断についていけず、自分たちの時間を作れなかった。ハーフタイムに「このままいったら墓穴を掘るぞ」と言った。その通りになった。こういうゲームをしているということは、力が無いということ。こういうゲームを経験するのは大事だけど、やはり波があるのは力が無い証拠だと思います。 第2クールは次の鳥栖戦が最後です。しっかり戦っていきたい。今日は、サポーター・ファンにプロとしての試合を提供するに相応しくない試合をしてしまった。反省しています。これを教訓にしていきたいと思います」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/223-1354ee02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。