スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第35節 vs C大阪戦 

リーグディビジョン2  第35節 vs セレッソ大阪 
9月15日(月)15:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 4,639人 主審:牧野
         FC岐阜 0-6 セレッソ大阪



【得点者】
大 阪 : カイオ    (前12分)   アシスト・乾
大 阪 : カイオ    (前15分)   アシスト・柳沢
大 阪 : 香川真司  (後11分)   アシスト・乾
大 阪 : 古橋達弥  (後18分)   
大 阪 : カイオ    (後44分)   
大 阪 : 小松塁    (後44分)   アシスト・前田


【岐阜出場メンバー】
FW 片桐  片山(小島(宏)・後13分)     
MF 高木  岩田  北村  梅田(嶋田・後0分)
DF 菅  小峯  深津  吉村  
GK 日野


【警告】
イエロー  岩田(2)   

 
SUB
GK 水谷 DF 川島 MF 奈須 MF 嶋田 MF 小島(宏)


●松永英機監督(岐阜):
「結果的に、2戦連続で大量失点。立ち上がりはそんなに悪いサッカーはしていませんでした。ただ、セレッソ大阪との決定的な違いはゴールです。決めるところを決める、決めるところを決められない、その差だと思います。後半、次の3点目がポイントでしたが、それ以降は歯止めが効かない状態になってしまいました。これは広島戦と同様です。チームの弱い部分が出てしまいました。この状況はみんなで脱していくしかありません。もう一度原点に戻って仙台と甲府の試合に臨みたいです」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/238-301e38f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。