スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J1リーグ 第26節 vs 札幌戦 

リーグディビジョン1  第26節 vs コンサドーレ札幌
9月23日(火) 13:00試合開始  ホーム:鹿児島県立鴨池陸上競技場  9,376人  主審:奥谷
          大分トリニータ 3-2 コンサドーレ札幌


【得点者】
大 分 : エジミウソン  (後12分)   
札 幌 : アンデルソン (後22分)   アシスト・西谷
大 分 : ウェズレイ   (後42分)   FK
札 幌 : 西大伍     (後44分)   
大 分 : エジミウソン  (後44分)   


【大分出場メンバー】
FW 森島(高松・後23分)  ウェズレイ  
MF 鈴木  金崎(西山・後44分)  高橋  ホベルト(清武・後38分)  エジミウソン
DF 藤田  上本  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  下川(2)     


 
SUB
GK 清水 DF 小林(宏) MF 小林(亮) MF 西山 MF 清武 FW 高松 FW 前田


●シャムスカ監督(大分):
「今日は自分がプレーしたかのように疲れました。このような試合に耐える心臓を持っていれば、いつも帰国したときにうける心臓の検査をしなくてすみます(笑)。 試合ですが、最初から最後まで札幌に高いラインを保たれ、プレッシャーをかけられ苦戦しました。結果的に我々が勝ちましたが、内容はどちらが勝ってもおかしくない試合でした。我々が勝てたのは、最後の1分、1プレーまで勝利を信じてプレーしたことです」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/239-95454059

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。