スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第36節 vs 仙台戦 

リーグディビジョン2  第36節 vs ベガルタ仙台
9月20日(土) 14:00試合開始  アウェイ:ユアテックスタジアム仙台 11,174人 主審:片山
        ベガルタ仙台 1-0 FC岐阜


【得点者】
仙 台 : 梁勇基 (前4分)   


【岐阜出場メンバー】
FW 片桐  小島(宏)(片山・後44分)   
MF 高木(梅田・後32分)  菅(佐藤・後35分)  北村  嶋田
DF 奈須  菊池  深津  川島  
GK 日野


【警告】
 

 
SUB
GK 水谷 DF 吉村 MF 梅田 MF 佐藤 FW 片山


●松永英機監督(岐阜):
「岐阜としては前節、そして前々節、広島、C大阪に対して大敗を喫していた中で今日のゲームを迎えた。まず自分たちがチームとしていかに回復するかが大きなテーマだった。結果は前半の立ち上がり、リスタートからの1失点が最後の結果になったが、自分たちのスタイル、戦う部分、守備における組織であったりが、ゲームプランとして表現されていたゲームだったと思う。 最後に点を取るチャンスで取れないことは、攻撃の課題であるが、常に前節、その前を経過していく中で、このゲームについての評価としては、選手たちはよくやったかな、というものだ。大事なことは、こういったゲームを続けていくことであって、岐阜らしさを今後も出していければなと思っている」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/241-ebe28c32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。