スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第38節 vs 福岡戦 

リーグディビジョン2  第38節 vs アビスパ福岡 
9月27日(土)13:00試合開始 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 2,418人 主審:山内
         FC岐阜 1-1 アビスパ福岡


【得点者】
岐 阜 : 相川進也       (前26分)   
福 岡 : ハーフナー・マイク (前43分)   アシスト・長野


【岐阜出場メンバー】
FW 相川(大友・後36分)  小島(宏)     
MF 高木(片桐・後36分)   北村  梅田  薮田(嶋田・後8分)
DF 奈須  菊池  深津  吉村  
GK 日野


【警告】
イエロー  梅田(2)  薮田(3)  吉村(4)   

 
SUB
GK 水谷 DF 森 MF 嶋田 MF 大友 FW 片桐


●松永英機監督(岐阜):
「27節以降、福岡は指導者が代わり、調子が上がってきた印象があります。我々としては連敗を阻止する為にどうするか、勝点3は取れませんでしたが、勝点1を取れたことは、次の水戸戦に繋がると思います。 内容としては、狙いとする守備の組織は機能していました。失点は前半残り1分のリスタート。我々の注意力が足りませんでした。もったいない失点でした。ただ、先制点が取れたことはうちの気持ちが伝わった前半だったと思います。後半、むこうは前に出てくるので前からプレスをかけました。それは出来たのですが、ボールを奪ってから最後までいけなかったのが課題です。ホームで勝点3を取って、ずっと悔しい思いをしているファンやサポーターにプレゼントしたいと思って臨んだ試合でしたが、勝点1しか取れませんでした。次の水戸戦で勝点3を取りたいと思います」


●梅田高志選手(岐阜):
「今日の試合はディフェンス面ではある程度機能しましたが、奪ってからゴールに向かうということが足りなかったですね。相手の嫌なところを突いて、もっと判断して、自分達が動いて攻撃できるようにしないといけません。ボールを奪ってからのプレーに物足りなさを感じます。今日もフィニッシュまでいけていないシーンが多かったと思います。全体のビルドアップというより、いい位置で奪えば自然とビルドアップは出来ると思います。問題は、下がってから奪ったときにいかに攻めきれるかです。そこが大事だと思います」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/243-e1b9a4f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。