スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J2リーグ 第41節 vs 熊本戦 

リーグディビジョン2  第41節 vs ロアッソ熊本
10月26日(日) 13:00試合開始  アウェイ:熊本市水前寺競技場 3,540人 主審:飯田
        ロアッソ熊本 1-1 FC岐阜


【得点者】
熊 本 : 中山悟志  (前34分)   アシスト・高橋
岐 阜 : 菅和範    (後44分)   


【岐阜出場メンバー】
FW 相川  小島(宏)(森・後10分)     
MF 薮田   北村  梅田(菅・後25分)  嶋田
DF 奈須  川島  深津  吉村(大友・後37分)  
GK 日野


【警告】
イエロー  深津×2  奈須(4)  菅(2)
レ ッ ド   菊池(後08分退場)   
   

 
SUB
GK 水谷 DF 森 MF 菅 MF 高木 MF 大友 


●松永英機監督(岐阜):
「熊本さんとは同期のJリーグ入会チームとして、これまでJFL時代も含めて共に戦って来た、ライバルチームでもあるわけですね。そういうチームと、奇しくも勝点や勝敗数が同じという状況で今日の試合を迎えるという巡り合わせになりました。岐阜の選手達も、熊本には負けられないという強い思いがあって、最後まで諦めない姿勢になって、点が取れたんじゃないかと思います。 内容については、立ち上がりにコーナーキックから決定的なチャンスがあったんですけれども、それをモノにできずに、高橋選手の遠目のフリーキックぐらいから熊本のリズムができてしまった。その中で、リスタートからやられてしまった。数少ないピンチからやられてしまったところに、我々の守備の甘さがあったのかなと思います。前半の終盤には追いつくチャンスもあったんですがシュートまで至らずに0−1で終わりました。 後半は、どちらが先に点を取るかという中で、早い時間帯に10人になってしまいました。あの辺の深津康太の判断、GKの判断と、いろいろあるとは思いますが、10人になってしまった。1−1に追いつくための工夫をしなければならない中で、人を変えて形を変えて、なんとか粘り強く戦えたことが、最後の1点につながったのかなと思います。ライバルチームである熊本に対して勝点1が穫れたということは我々にとって収穫だと思いますし、この内容をですね、名古屋と対戦する天皇杯につなげて、自分たちらしさを出して臨みたいなと思います」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/252-d25d104f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。