スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J1リーグ 第32節 vs 鹿島戦 

リーグディビジョン1  第32節 vs 鹿島アントラーズ
11月23日(日) 13:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  31,744人  主審:岡田
          大分トリニータ 0-1 鹿島アントラーズ


【得点者】
鹿島 : 内田篤人  (後10分)   


【大分出場メンバー】
FW 高松  ウェズレイ  
MF 鈴木  金崎  小林(亮)  藤田  エジミウソン(森島・後42分)
DF 上本(家長・後31分)  森重  深谷  
GK 下川


【警告】
イエロー  藤田(1)  森重(2)  上本(2)     


SUB
GK 清水 DF 山崎 DF 小林(宏) MF 西山 MF 家長 MF 清武 FW 森島


●シャムスカ監督(大分):
「なんとしても勝たなければいけない重要なゲームだったが、我々のサッカーができたのは最後の30分だけだった。しっかり守れてはいたが、パスミスが多く、攻撃がうまくいかなかった。残り30分で修正でき、引き分けにもっていけるチャンスはつくれた。これで優勝の可能性はなくなったが、来季のACLの出場権を得ることができる3位に目標を修正したい」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/259-6ea7dc05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。