スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 J1リーグ 第34節 vs 名古屋戦 

リーグディビジョン1  第34節 vs 名古屋グランパス
12月6日(日) 14:30試合開始  ホーム:九州石油ドーム  28,831人  主審:扇谷
          大分トリニータ 0-0 名古屋グランパス


【得点者】


【大分出場メンバー】
FW 高松(森島・後36分)  ウェズレイ  
MF 鈴木(家長・後44分)  金崎(山崎・後43分)  高橋  藤田  エジミウソン
DF 小林(宏)  森重  上本  
GK 下川


【警告】
イエロー  高松(2)  上本(4)  森重(3)  藤田(2)  ウェズレイ(3)     


SUB
GK 西川 DF 山崎 MF 小林(亮) MF 西山 MF 家長 FW 森島 FW 松橋


●シャムスカ監督(大分):
「残念ながら結果につなげられなかったが、今シーズンを締めるいいゲームができた。互いに最後まで果敢に攻撃し、美しいサッカーができた。両チームのサポーターも満足できた試合になったと思う。 ACLの出場権を得るには3-0で勝たなければいけなかったが、前半を終えてそれは難しいと判断した。他会場の途中経過が入ってきたが、まず負けないことを前提に考え、終盤は金崎に代えDFの山崎を入れ、守備の層を厚くした。4位に入れば名古屋の天皇杯の結果次第になるが、僅かでもチャンスがあるからだ。ただ、やるべきことはやったので、名古屋が例え天皇杯のタイトルを獲ることができなくても仕方ないことだし、来年自力でACLの出場を目指せばいい」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/263-bc51affa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。