スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 J1リーグ 第11節 vs 横浜戦 

リーグディビジョン1  第11節 vs 横浜F・マリノス
5月9日(土) 14:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  18,245人  主審:岡田
        大分トリニータ 1-2 横浜F・マリノス 


【得点者】
大 分 : エジミウソン (前16分)  アシスト・高橋   
横 浜 : 中澤佑二   (前30分)  CK
横 浜 : 田中裕介   (前40分)  アシスト・松田


【大分出場メンバー】
FW 金崎(住田・後35分)  高橋  
MF 鈴木  清武  宮沢  エジミウソン(西山・前41分)
DF 小林(宏)(東・後30分)  森重  藤田  坪内  
GK 西川


【警告】


SUB
GK 下川 MF 西山 MF 小手川 MF 井上 MF 梅田 FW 住田 FW 東


●シャムスカ監督(大分):
「今日も残念ながら勝てなかった。ただ、今季一番のゲームができたと思う。勝たなければいけない状況でアグレッシブに戦えた。前線の動きは良く、コンパクトな守備ができた。選手は持っている力を存分に発揮した。ただ、横浜FMは背の高い選手が多いので、セットプレーはリスクを負わなければいけなかった。1失点目はそのセットプレーからで、2失点目のシーンは些細なことが足りなかった。あの場面は試合前のミーティングから映像を使って選手には伝えておいたことだし、くると分かっていたことなんでネガティブに考えないといけない。それ以外は、全体的にいい動きができていたので、勝っていれば調子が上がっていたと思う。こういう厳しい状況でもサポーターは大きな声援を送ってくれ、支えてくれた。感謝している」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/281-55ee8fd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。