スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 J1リーグ 第19節 vs G大阪戦 

リーグディビジョン1  第19節 vs ガンバ大阪
7月25日(土) 19:00試合開始  アウェイ:万博記念競技場  15,262人  主審:山西
       ガンバ大阪 1-0 大分トリニータ 


【得点者】
大 阪 : 佐々木勇人   (後16分)  アシスト・遠藤  


【大分出場メンバー】
FW ウェズレイ   
MF 坪内(フェルナンジーニョ・後17分)  金崎  家長  高橋  宮沢(清武・後27分)  エジミウソン
DF 藤田(小手川・後40分)  森重  深谷
GK 西川


【警告】
イエロー  家長(2)  森重(1)  

 
SUB
GK 下川 MF 東 MF 小手川 MF 清武 MF 梅田 FW フェルナンジーニョ FW 前田


●ポポヴィッチ監督(大分):
「難しいゲームでした。こうなることはある程度予測してました。ガンバはとてもいいチームですし、そしてここ何年か同じやり方、選手で戦っている。またガンバの選手は一人が移籍したとしても、移籍した選手以上にいい選手が入ってくるチームだ。私は選手に感謝しなければいけないプレーも今日はたくさん見ることができた。ダイレクトプレーを心掛け速いパス回しもあったし、その中からサイドチェンジのパスを使って、その中から何回かガンバにとってとても危険な場面を作り出すことも出来た。 チャンスを作った数はガンバよりも私たちの方が多かったと思います。 ですが、ガンバはチャンスをものにして、我々はチャンスをものにできませんでした。最後の最後のところで止められてしまった。もちろん、最後のところは少し運も必要ですが、必ずゴールはやってくる。そのために私たちは練習しなければいけないし、アイデアを出して自分たちのスタイルのサッカーをして、結果を出していきたいと思います。そういう練習を100%ですることで、結果が出ると信じています。そして試合が終わった後には毎試合、満足感を得られることを期待しています」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/297-f51302d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。