スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 J1リーグ 第20節 vs 名古屋戦 

リーグディビジョン1  第20節 vs 名古屋グランパス
8月1日(土) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム  17,461人  主審:奥谷
        大分トリニータ 2-1 名古屋グランパス


【得点者】
名古屋 : ケネディ  (前26分) 
大  分 : 高松大樹  (後44分)  アシスト・フェルナンジーニョ
大  分 : 東慶悟   (後44分)  アシスト・金崎


【大分出場メンバー】
FW ウェズレイ(坪内・後33分)  フェルナンジーニョ   
MF 家長(高松・後 0分)  金崎  高橋  エジミウソン  小手川
DF 上本  森重  深谷(東・後41分) 
GK 西川


【警告】
イエロー  金崎(3)  


SUB
GK 下川 DF 坪内 MF 東 MF 宮沢 MF 藤田 MF 梅田 FW 高松 


●ポポヴィッチ監督(大分):
「難しい試合だった。だが、これがサッカーだ。最後の最後まで何が起きるか分からない。日本人の特性、特有の魂が出た試合だった。諦めない気持ち。それが逆転を呼んだ。私はいつも選手に最後まで諦めるな。90分間戦うこと、全力を出し切り、100%の力を出せと伝えている。今日は大きな試合に勝つことができた。ただ、勝点3しか取れていない。大きくも小さくもない勝利だ。これからも毎試合全力を出さないといけない。選手には結果に対してプレッシャーをかけるのは好きではないが、プレーの内容には厳しく注文をつけたい。さらに上を目指すためにも。それが最後に自分たちに返ってくる。 今日の試合は満足している。選手も満足そうな顔だった。サポーターも笑顔だった。サポーターは選手に大きな力を与えてくれ、選手はそれに最高の形で応えた。これからも美しいプレーをして、美しいサッカーをしたい」





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/298-3a30d2aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。