スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 J1リーグ 第24節 vs FC東京戦 

リーグディビジョン1  第24節 vs FC東京
8月29日(土) 19:00試合開始  アウェイ:味の素スタジアム  18,320人  主審:東城
       FC東京 2-0 大分トリニータ 


【得点者】
東 京 : カボレ    (後25分)  アシスト・石川  
東 京 : 米本拓司 (後44分)   


【大分出場メンバー】
FW フェルナンジーニョ(前田・後20分)  高松   
MF 藤田  金崎  高橋  東  清武(宮沢・後29分)
DF 上本(坪内・後0分)  森重  深谷
GK 西川


【警告】
イエロー  上本(2)  森重(2)  

 
SUB
GK 下川 DF 坪内 MF 鈴木 MF 家長 MF 小手川 MF 宮沢 FW 前田


●ポポヴィッチ監督(大分):
「最後の2、3試合とまったく同じ結果になってしまった。今日の試合も内容は悪くはなかったと思います。私たちは得点機を決め切ることができず、逆に相手には決められてしまった。 前半が終わって(上本)タイカイが相手のひじを頭に食らって後半はプレーできなかったのが予想していないことでした。前半に関してはいいプレーができていたし、相手よりも多くのチャンスを作ったと思います。相手のシュートがゴールの枠に何本飛んだかは分かりませんが、相手よりも大きいチャンスを作れた。前半は相手よりも私たちが試合を支配していたと思いますし、非常に素晴らしい出来だったと思います。0-0というスコアのときに私たちがゴールを決めるチャンスもあった。それを得点に結び付けることができなかったのが、今日の一番の敗因だったと思います。試合を支配していたとは思いますが、その中で疲れた時間帯にカボレに上手く決められてしまった。集中力と体力が一時落ちた時間帯に入れられてしまった。最後の2失点目に関しては、非常に美しいゴールだったと思います。お客さんも美しいゴールを見ることができて満足して帰ることができたと思います。ああいうシュートは入るか、ゴールの上へと浮かしてしまうかのどちらか。それがたまたま入ってしまった。そして、私たちにもそういうチャンスはありましたが、シュートはゴールに入らなかった。ただ、私たちのシュートがゴールに入るときも必ずくる。そのためにいいトレーニングをしていかなければいけない。そして、それを信じること、私たちのスタイルでサッカーをやり続けなければいけないと思います。皆さんが、いつゴールを決めるのかと質問するでしょうが、必ずたくさんゴールが決まる日はやってくるでしょう。自分たちができることをやって、この状況を抜け出していかなければいけない。そのためにいい準備をしていかなければいけない。」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/302-a4059ee6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。