スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 リーグ 第14節 vs 新潟戦  

リーグディビジョン1  第14節 vs アルビレックス新潟
7月22日(土) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム 19,304人 主審:吉田
       大分トリニータ 4-0 アルビレックス新潟

【得点者】
大分:エジミウソン(前24分)  アシスト・梅崎 
大分:松橋章太(前35分)    
大分:高松大樹(後16分)  PK
大分:高橋大輔(後42分)  アシスト・根本
  


【大分出場メンバー】
FW 高松(ラファエル・後29分)  松橋(山・後38分)
MF 根本  梅崎(内村・後38分)  高橋  トゥーリオ  エジミウソン
DF 上本  三木  深谷
GK 西川

【警告】
イエロー トゥーリオ(1) 上本(2) 

SUB
GK 下川 DF 福元 MF 梅田 MF 西山 FW ラファエル FW 山 FW 内村

●シャムスカ監督(大分):
「新潟は、前の試合で浦和に勝って波に乗っている素晴らしいチームなので、大変な試合になると思っていた。だからこそ集中して試合に臨んだ。おそらく今シーズンで一番いい試合だったと思う。今の段階ではウチは6位になった。明日の試合で清水が勝てば7位になるが、いずれにしても、次の浦和戦にしっかりと取り組みたい。今日のキーポイントは前回と同様、システムを3-4-3にしたことだ。相手がポジションチェンジが多いので、これがいいと思った。新潟の多彩なポジションチェンジにしっかりとマークにつくことが出来たので、うまくカウンターにつなげることが出来てよかった。それと、前半戦と中断明けての後半戦での大きな違いは、グラウンドに出てる選手、出ていない選手に限らず、全員が同じ気持ちで戦っていることだ。前半戦は試合の中での波があったが、後半戦は波がない。それがうまくいっている要因だと思う」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/36-544d350b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。