スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 リーグ 第21節 vs 浦和戦 

リーグディビジョン1  第21節 vs 浦和レッドダイヤモンズ
8月30日(水) 19:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム 27,843人 主審:山西
       大分トリニータ 2-1 浦和レッドダイヤモンズ

【得点者】
大分:高松大樹(前9分)   
大分:高橋大輔(後14分)   アシスト・松橋
浦和:ワシントン(後31分)     
  


【大分出場メンバー】
FW 高松(ラファエル・後34分)  松橋(山・後41分)
MF 根本  梅崎(西山・後30分)  高橋  トゥーリオ  エジミウソン
DF 上本  三木  深谷
GK 西川

【警告】
イエロー トゥーリオ(3) 三木(1) エジミウソン(4) トゥーリオ(4)
レ ッ ド トゥーリオ(イエロー2枚累積)

SUB
GK 下川 DF 藤田 MF 梅田 MF 西山 FW 山 FW 内村 FW ラファエル

●シャムスカ監督(大分):
「相手はリーグで一番強い相手なので、大変な試合になることは分かっていた。ウチの選手にとっては意味のある試合だった。このシーズンで一番大事な試合。決勝戦のつもりで戦えと話した。幸運にもこの試合の前に3日間の休養を取ることができた。
今日はスピードもあったし、素晴らしいゲームだった。勝因はバランスが取れていたこと。FWであってもDFであっても、しっかりとDFをしなければならない。最後は10人になったが、こういう強い相手に対して、10対11の状態であっても互角以上にもっていくことが出来た」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/48-59d275de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。