スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 リーグ 第23節 vs G大阪戦  

リーグディビジョン1  第23節 vs ガンバ大阪
9月16日(土) 14:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム 25,348人 主審:高山
       大分トリニータ 0-2 ガンバ大阪

【得点者】
大阪:播戸竜二(前2分)
大阪:播戸竜二(前43分)   アシスト・二川


【大分出場メンバー】
FW 高松  松橋
MF 根本  内村(梅崎・後0分)  高橋(梅田・後20分)  トゥーリオ  エジミウソン
DF 上本  三木  深谷(ラファエル・後30分)
GK 西川

【警告】
イエロー 深谷(2)

SUB
GK 下川 DF 藤田 MF 梅田 MF 西山 MF 梅崎 FW 山 FW ラファエル

●シャムスカ監督(大分):
「今日もいつものように勝ちにいった。今日の相手はリーグ戦首位ということは、理解していた。勝って、7試合負けていない記録を更新したかった。相手はウチのミスをうまく利用した。開始2分のゴールで出鼻をくじかれて、大変な試合になってしまった。
でも選手たちは乗り越えようとする意志は見せてくれた。主導権はこっちにあった。結果的にゴールに結びつかなかったのは、残念。後半、相手はワントップ、こっちは3トップにして、ひっくり返そうと手を尽くしたが結果に結びつかなかった」
(高橋から梅田へ交代の意図は)
「高橋は前半に足を打撲して、とりあえず後半も出場したが、本人からのサインもあって交代させた。代わった梅田は良くやってくれた。」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/53-3cff3c88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。