スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 リーグ 第33節 vs 横浜戦  

リーグディビジョン1  第33節 vs 横浜F・マリノス
11月26日(日) 14:00試合開始  アウェイ:日産スタジアム  24,895人 主審:奥谷
       横浜F・マリノス 0-1 大分トリニータ

【得点者】
大分 : エジミウソン (後28分)  アシスト・ラファエル


【大分出場メンバー】
FW 高松(ラファエル・後0分)  松橋(梅崎・後19分)
MF 根本  山(高橋・後35分)  梅田  トゥーリオ  エジミウソン
DF 上本  三木  深谷
GK 下川

【警告】
イエロー 山(4)


SUB
GK 河原 DF 藤田 MF 高橋 MF 西山 MF 梅崎 FW ラファエル FW 内村

●シャムスカ監督(大分):
「連敗が続いていただけに、きょうは勝ててよかった。またF・マリノスとは7位争いをしている当面の相手。この直接対決に勝てた。ビッグクラブに勝てた喜びを選手とともにかみしめたい。今日の1勝で7位以上をキープできる可能性が強まった。だが、頭を切り替えて最終節のFC東京戦に向けて頑張りたい。
連敗していたがゲーム内容は決して悪くなかった。ただフィニッシュまで届いていなかっただけだ。良い内容を続けていたのだから、そのメンバーのままでいくことは当然だと考えていた」

【梅田選手のコメント】
 支配率は高かったと思うが、チャンスを生かしきれなかった。勝ったが課題はあると思う。最終戦に向けて修正していきたい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/71-7a57daac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。