スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 リーグ 第34節 vs FC東京戦  

リーグディビジョン1  第34節 vs FC東京
12月2日(土) 14:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム 20,854人 主審:松尾
       大分トリニータ 0-1 FC東京

【得点者】
東京:ルーカス(後13分)  アシスト・石川

【大分出場メンバー】
FW ラファエル  松橋
MF 根本  梅崎  梅田  エジミウソン(内村・後32分)  トゥーリオ
DF 上本(内村・後36分)  三木  深谷
GK 下川

【警告】
イエロー エジミウソン(3)

SUB GK 河原 DF 福元 MF 西山 MF 高橋 MF 増田 FW 内村 FW 市原

●シャムスカ監督(大分):
「今節がリーグの最終節だったが、7位の可能性を残していながらキープできずに残念だった。しかし、試合中においては選手たちは結果を求め頑張った事で、年間を通して8位で終わることが出来た。昨年は11位で終わり、今季の目標を8位以上とした中で、何とか目標達成が出来た。これから将来のことを考えてプランを立てていく」
Q.今シーズンを振り返っての感想は?
「年間を通して見ると、序盤と終盤に不安定な時期があった。中盤に猛ダッシュを見せてチャンスを作ることもできたが、結果につながることがなく8位という結果に終わってしまった」
Q.若い選手が活躍したシーズンだったが、監督はどう評価するか?
「スタートは若い選手が多かったが、大変良い活躍をして成長してくれた。来年は今年行ってきた大分のサッカー哲学を続けて行きたい。もう少し細かな点をクラブと詰めていって、公式に発表したい」

【梅田選手コメント】
今季はもっと上に行けるチャンスがあったが、それを逃してしまい残念。もっとやれたのではないかな、と思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/74-9793ceea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。