スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 リーグ 第6節 vs 磐田戦  

リーグディビジョン1  第6節 vs ジュビロ磐田
4月2日(日) 15:00試合開始  ホーム:九州石油ドーム 17,406人 主審:岡田
      大分トリニータ  1-2 ジュビロ磐田

【得点者】
磐田:菊地直哉(後8分)   アシスト・太田
大分:高松大樹(後33分)  アシスト・松橋
磐田:成岡翔(後44分)

【大分出場メンバー】
FW 高松  オズマール(増田・後42分)
MF 根本  西山(内村・後21分)  梅田  トゥーリオ  エジミウソン
DF 福元(松橋・後24分)  三木  深谷
GK 西川

【警告】
イエロー トゥーリオ(2) 山(1)

SUB
GK 下川 DF 柴小屋 MF 増田 MF 川田 FW 松橋 FW 山 FW 内村

●シャムスカ監督(大分):
「今日の試合はもちろん最初から勝利を狙っていた。相手は強いチームということも分かっていたし、DFも9人でくるということも分かっていて、カウンターを狙っていた。しかし、そう分かっていたのに、カウンターでやられてしまった。終了間際まで勝負をかけたが、相手のコーナーからやられてしまった。今日はサイドはがんばったが、最後のフィニッシュの選択肢が少なかったと思う。相手の戻りも早くて我慢強く攻めなければならなかった。最後の、フィニッシュのパスの精度をあげなければならないと思う。
90分間攻撃し続けた選手たちにお疲れ様と言いたい。今週は次節に向けてしっかりと練習して備えたい」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umesapo6blog.blog68.fc2.com/tb.php/8-b9a59844

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。